CBDオイルの規制について

CBDオイルを利用するときに気になるのが国の規制についてですが、大麻を原料としている製品なので本当に大丈夫なのか気になるところです。

日本だと大麻はもちろん違法ですが、法律では大麻草の葉と花穂(花冠)とその製品が禁止されていて、麻の茎と種子、それに由来した製品は除外されてます。

販売しているCBDオイル完了は産業用大麻の成熟した茎と種子およびその製品に当てはまり、法律で禁止されているものからは除外されていてそれを厳選した製品を販売してます。

合法ドラッグや脱法ドラッグの類ではなく、酩酊状態を起こす成分のTHCは、研究で完全に除去されているので人が使っても酩酊することもありません。
また、医療大麻とも全く異なり、医療現場で使っている医療用大麻製品ではなくて栄養補助食品(サプリメント)で、体の様子に合わせて摂取する量も決めることが出来ます。

CBDオイルは、ヘンプオイルとヘンプエキス(カンナビジオール)を主な成分として作られている商品なので、安心で安全に摂取が可能です。

正式に国の許可を得ている代理店なら危険性もなく、成分表通りの成分が含まれていることが証明されていて注文してまったく違う偽物が届いたりするトラブルなども起きません。

CBDオイルは販売されてからそれほど長くなく今後の研究が必要な商品で、安いからといってよく分からない物や販売元を選ぶのは大変危険です。

信頼性があって原材料や使ったときの安全性について色々な取り組みを行っているところで買うのが懸命です。
日本国内だと主に繊維生産のために一部で産業用の麻の栽培をしてますが、それも厳正な審査を経てから専用の免許が必要です。

日本ではCBDオイル事業を行うために審査を通った会社はまだないようです。