CBDオイルの選び方。CBD商品はいろんなタイプがある!

タイプ

大きく4種類に分かれます。

  • CBDオイル
  • CBDサプリメント
  • CBDリキッド
  • ペーストタイプ

CBDオイル

液状のオイルを口から取り込みます。

最もストレートにCBDの成分を体内に取り込めることがポイント。
難点はオイル独特の「苦み」「えぐみ」を感じます。

サプリメント

CBDオイルに比べ、飲みやすい。
しかし体内への吸収力は差があると思われます。

CBDリキッド

電子タバコ(ベイプ)で吸引するタイプです。
ベイプに慣れている人はこちらのほうが良いかもしれません。

ペーストタイプ

ロールオンとして、直接体に塗るタイプです。

以上4種類です。

効率よくCBDを摂取するには、主に2種類の摂取方法となります。
一つはCBDオイルを経口摂取する方法です。

ベースとなるオイルは各ブランドによって違いますが、ハーブ類(ミントやシナモン)でフレーバーをつけたり、オリーブオイルやココナッツオイルがベースとなります。

もう一つはCBDリキッドで、蒸気摂取する方法です。
電子タバコ(VAPE)用の「専用液」になります。

CBDオイルは高価な物が多く、そして味にえぐみ、にがみがあることが難点です。
その点、電子タバコ(VAPE/ベイプ)の普及もあって、CBDリキッドが商品化しています。

ここでは誰でも直接体内に取り込める「CBDオイル」をおすすめします。

おすすめのCBDオイルブランド

日本国内でCBDの抽出を目的として麻の栽培をしている会社は無いようです。
日本の生産量の80%が栃木県鹿沼市なのですが、農家の戸数も10戸程度です。

神社の神事の原料として使わることになります。日本国内にはCBD製品を作ることができる麻は存在しないといってもいいです。

参考:
https://www.sankei.com/west/news/180405/wst1804050078-n1.html

CBDオイルはほぼすべて「輸入品」です。
国内でビン詰めをしていたり、ボトルとキャップが日本製ということで「国産」アピールしているところもあります。

輸入の際は、税関、厚生労働省の指導があり、その都度THCの含有が無いことなど厳しく指導されています。

大手小売店に入っている輸入品は法令を順守していると考えられるので安心して購入ができます。

エリクシノール

アメリカのコロラド州にあるメーカーです。
コロラドは最も最初に大麻を完全合法化した州で、生産や研究などがとても進んでいます。
エリクシノールも最先端の研究からCBDオイルを生産しています。

2019/8 現在
Biople by CosmeKitchenを始め、伊勢丹新宿の直営「ビューティアポセカリー」やLOFTなどで取り扱いがあります

関連記事はこちら

CBDオイルを最初に買うならエリクシノールをおすすめする理由

2019.08.13

ブルーバード

アメリカのコロラド州にあるメーカーです。
産業用大麻の研究に積極的な会社です。

エンドカ

デンマークのメーカーです。
北欧らしくオーガニックを強調。

CBDオイルの選び方

オーガニック

オーガニック生産している原料で作られているものが多いのもCBDオイルの特徴です。
ヘンプの栽培方法にこだわっています。

ただ、オーガニックにこだわる必要もないです。
認証をとらないといけない「地域」もあれば、アメリカのように広大で農薬が使われていないような地域もあるため、オーガニック認証をとらなくても、質の良い土地が多くあります。

CBDオイルの含有量/濃度

単純にCBDの含有量が多いもの、濃度の濃いものが高くなります。

濃度
Aの商品は10ml中に500mgのCBDが入っている
Bの商品は30ml中に500mgのCBDが入っている

Aの濃度が高いというわけです。

濃度が高いと効率よくCBDを体内に取り込めます。

そのためCBDオイルには必ず1本に含まれるCBD含有量がかかれています。
〇〇mg、濃度○%などのような表記で書かれているのでチェックしましょう。

こちらはエリクシノールのもので、CBDオイル100mg(30ml)のものです。

1瓶に含まれるCBDが100mgで、オイルが30mlの商品なので、30mlの中に100mgのCBDが含まれていることです。
肝心なことは、濃度ではなく、摂取するCBD総量なので、濃いものは効率よくCBDを体内に取り入れることができるわけです。

味/フレーバー

CBDオイルは非常に苦く、えぐみがあります。

美味しくはないし、えぐみが口に残ります。
私の場合20分以上残ります。

各メーカーはいくつか味やフレーバーを出していて

  • ナチュラルなもの
  • ミント系のもの

があります。

一応、「ヨーグルト」を飲むと比較的早く引くとのことです。

価格

高濃度、含有量が多いほど、価格が高くなります。
だいたい CBD 1mg 20-40円相当です。

量が多くなれば、安くなります。

一番お買い得なサイズは、エリクシノール 30mlサイズ CBD 300mg配合がおすすめです。

最強のCBDオイルは?

含有量という点でエリクシノールには、100mlでCBDが3000mg含まれる商品があります。
最強という点では、効率よくCBDが取り入れることができます。

値段も・・・4万円オーバー!

初めてのオイルにしてはちょっと高いです。
お試しであれば、エリクシノール 30ml CBD100mgが良いかと思います。