CBDオイルの正しい保管方法について。

CBDオイルは、効果を実感するためには使用期限を守ることも大切ですが、配合されている成分の鮮度を維持することがとても大切になりますので、正しい保管方法を理解しておく必要があります。
また、CBDオイルは、カンナビノイドの劣化を引き起こさないように注意して、涼しい場所で保管することが大切です。

CBDオイルは、多湿に弱い特徴がありますので、湿度が高くない乾燥していて暗い場所で保管する必要があり、有効成分の酸化を避けるためにも不必要な空気への露出を避けましょう。

光と熱はCBDオイルの劣化の原因になりますので、直射日光を避けるだけではなく、オーブンやヒータといった熱を発する電化製品の近くに保管しないことも大切なポイントになります。
おすすめされている保管場所は、食器棚や戸棚、机の引き出しや薬箱、冷蔵庫などの涼しくて乾燥している場所です。

CBDオイルは、外気との接触を防ぐために密閉容器に入れられていますので、別の容器に移して保管しないことが推奨されています。しかし、別の容器に移す必要がある場合は、密閉容器で光を遮ることができるかどうかを確認しましょう。

外出の際に、CBDオイルを持ち運ぶ場合は直射日光に当たらないように注意したり、長い時間車内に保管しないように気を付ける必要があります。

このように、CBDオイルは鮮度を保つためには高温多湿の場所や光や熱を避けて保管することがとても大切です。
空気に触れてしまうと劣化が進んでしまいますので、使用後は蓋をしっかり閉めることも重要になります。暗くて涼しい場所で正しく保管することによって、開封してから約6ヶ月間カンナビノイドの濃度や鮮度を維持することができます。