CBDオイルは、痛みの緩和に効果がる

近年注目されているCBDオイルですが、痛みの緩和に効果が期待できるとして注目を集めています。

アメリカを例に挙げると、アメリカでは関節炎が身体障害の主要的な原因となっています。
なんと5000万人以上のアメリカ人が関節炎に羅漢しているとも言われているのです。

関節炎といっても大きく分けると二つに分けられますが、その一つ目がリウマチ性関節炎、もう一つが変形性関節症と呼ばれるものです。これらの二つの関節炎において、CBDオイルが痛みの緩和に大きな効果が期待できるといわれているのです。

そもそもリウマチ性関節炎とは、免疫異常によって関節の正常な組織が攻撃されて炎症を引き起こす疾患です。
手足に影響を与えて痛みを伴ったり、腫れて関節が硬直したりすることもあります。

一方の変形性関節症と呼ばれるものは、関節や軟骨、骨などに影響を与えるもので、こちらも痛みや硬直を引き起こします。いくつかの研究によってCBDオイルがこれらの治療に役立ち、症状に伴う疼痛を和らげることが期待できるとされています。

2011年に行われた研究では、CBDオイルは疼痛受容体が刺激に反応する方法に影響を与えて鈍痛を軽減されることに役立っていることがわかりました。
また2014年には動物による実験が行われ、CBDオイルが有効な治療法だとして有望だと報告されています。
また2016年にはCBDオイルを局所的に適用することが、関節炎に伴う疼痛や炎症を緩和する可能性があると報告されています。
2017年には変形性関節症において安全で有用な治療法である可能性があると見いだされました。しかしこれまでに人間に対する効果的な治療であることが証明されているわけではなく、今後より多くの研究が必要とされています。