Read Article

結婚相談所ノッツェの料金を比較。口コミから、向く人向かない人

ノッツェ(NOZZE)は古くからある結婚相談所で様々な広告を出していて、認知度も高い大手の1つです。

ノッツェ(NOZZE)には多くの特徴があり、また不明瞭な点もあります。

結婚相談所の多くは、比較的高額なサービスになっているので、知らずに入会すると「思ったより高いなー」と感じることもあるので、しっかりと確認して入会ましょう。

ノッツェ(NOZZE)は、結婚相談所の中でややリーズナブルな料金設定になっているので、入会にも敷居は低いと思います。

ぜひ、特徴を知って入会を検討しましょう。
(価格表示は全て税別 2017年のデータをもとにしています)

料金設定はリーズナブルなのか?

ノッツェ(NOZZE)に限らず、多くの結婚相談所では、

サポートのあるコースと、サポートがないコースの2つが準備されています。
それぞれに細かな価格設定があります。

また価格の設定が複雑なので正しく把握しておきましょう。

ベーシックコースの料金

まず、基本になるサポートが少ないベーシックコースを紹介します。

項目 料金
入会金 30,000円
活動初期費用 47,500円
成婚料 0円

月会費:
紹介人数により毎月の月額が異なる
2名4,500円
5名9,000円
10名13,500円

オプション 会員情報提供料 78,000円

実はそれほど安くない

重要なポイントがなぜか「オプション」扱いになっているので、あえて書いています。

入会金30,000円と、活動初期費用47,500円と毎月の会費で始められるような表記です。
10万をきるかかくなのでやすいですよね。

でもこの初期費用だけでは、活動に制限があります。
ノッツェに入会するとても重要なポイントなんですけど、会員を検索に制限がかかります。

なんとこの初期費用だけでは、検索対象は毎月の新規会員だけとなるのです。

正直毎月何人の会員が入会しているのかわかりません。
でも・・・それでは余りにも出会える可能性を限っていいるように感じますよね。

他の結婚相談所と比べて初期費用が安いイメージのノッツェですが、入会する会員のほとんどがこの会員情報提供料を支払っているため、実質的な初期活動費用は155,500円で検討する必要があります。。

写真付きプロフィールが充実

ノッツェでは入会している会員のプロフィールに、すべて顔写真が掲載されます。
連絡をとりあう前に、相手の顔を見てから選べるのはノッツェ(NOZZE)の強みです。

大手では楽天オーネットなどの一部の結婚相談所は「プライバシー保護」ということで、ネット上では顔写真を見ることができません。
写真を見る場合は、営業所に行くことになります。

ノッツェでは、プロフィールと照らしあわせ、多少なり外見の希望も選択の1つにできます。

ちなみにこのプロフィールは、自宅のパソコンやスマホでも確認ができます。
もちろん連絡のやり取りもできるので、空いた時間でお相手探しや婚活ができます。

移動時間なども有効に使えるのも特徴です。

そして、ノッツェの一番の特徴が「動画プロフィール」です。
今では用いている他社もでてきましたが、ノッツェが業界初。

写真だけではわからない所作や雰囲気を確認することができます。

写真だとまじめで怖い雰囲気を出す人も実は話してみると全然違うということも。
見る側もアピールする側もとても有効なツールになることは間違いありません。

軽い気持ちで始めることができるのはとても良いです。

月会費の2つの注意点

ベーシックコースの月会費には2つのポイントがあります。

  • 月額の選択ができる
  • 交際中も同額の会費を支払う

ノッツェは月会費を選択するようになっています。
先にも書きましたが紹介する人数が異なります。

2名4,500円
5名9,000円
10名13,500円

この料金をどれに設定すればよいのかは、なんとも言えませんよね。
自分の条件に自信がある人は、2名のコースでもいいかもしれません。

ただ、それほど甘くないのが婚活の現場です。
断られることのほうが多い・・・というか断られることがほとんどです。

申し込みが断られても、無視されても1件になるので、できれば、5名か10名にしておいた方がよいです。

情報の公開に制限が少ないので、間口を広くして、婚活にかかる時間を短くするほうが良いです。

注意すべきは「交際中も同額の会費がかかる」ということです。
異性と交際が始まると、紹介がいらない状態の「休止」をすることができます。

これはどこの結婚相談所も同じことなのですが、ノッツェのポイントは「成婚料がないのに、月会費と同額が発生」します。
他社を見ると成婚料がかからないサービスのほとんどは、毎月1000円くらいまで下がります。

月会費が同額必要になるのは、成婚料が発生し、交際中のサポートまで行うところが多いです。
しかし、ノッツェのベーシックコースの場合は交際中のサポートはほぼないです。

それなのに、紹介の休止中も同額の月会費がかかるのは、ちょっと損した気分です。

嘆きの口コミが多い

ノッツェの口コミを見ると、多くがサポートに対して不満を抱いています。

「サポート力が弱い」「どちらかというと放置型」

月会費に対して、期待するほどのサポートを受けられないと感じる人が多いです。

その他、夕方以降でも突然電話をかけてくることもあります。
主に有料イベントのお誘いですし、また交際にならず、退会しても営業電話が電話がかかってきます。

まあ・・・これはどの業者も多いのですが。

他の結婚相談所と比べると、ちょっと会社と会員の関係が作りにくい印象です。

お見合いアシストコースの料金

専任の担当者がしっかりサポートしてくれるサービスです。
毎月3-5名のお見合い候補を紹介してくれます。

自分が断らない限り「出会えない」という状況はありません。
その他自分で探すことも可能で、毎月3名のアプローチができます。

入会金 30,000円
活動初期費用 47,500円
成婚料 100,000円

月会費:19,500円
交際中の月額:19,500円
お見合い1回 10,000円

オプション 会員情報提供料 78,000円

ベーシックコースと比べ、初期費用は15万円台と変わりません。

月額が 19,500円に固定になり成婚料100,000円固定になります。
交際含め結婚までに1年かかれば

19,500 × 12 + 100,000 = 334,000

その他お見合いは回数の費用も加算されます。

1年で60万はかかるというイメージです。

専任の担当者は心強い

専任の担当者がサポートしてくれるのは、紹介相手への申し込みを直接行ってくれます。
さらにお見合いの日時のセッティングもすべて担当者がセットアップしてくれます。

本当に「出会えない」ことがなくなります。

交際中もしっかりとサポートしてくれるので、自分ひとりで活動するのに不安があるという方や、細かなやり取りが面倒な人のために用意されているプランです。

競合との価格比較

このようなサポート付のプランは、結婚相談所に必ずあります。

ノッツェは、少し高めの設定になっています。

まず、初期費用が最も高いのは、IBJメンバーズ。

口コミを見ると、ここはとてもサポートが手厚く、成婚率が高い結婚相談所です。
そして、料金も高い。
業界ポジションでいうと『超一流』というところ。

次に費用が高いのがノッツェ、サンマリエ。

ノッツェと比較するのによいサンマリエは大手結婚相談所の中で月会費0円に設定しています。
まあ、初期費用が高めですが、ノッツェより安い。

そう考えるとノッツェの価格設定は少し・・・疑問です。

初期費用が高い
月額費用は最高の部類

全般に高くてサービスが悪いという評価が多くなるのは仕方がありません。

最後に

以上がノッツェの料金体系です。

良い点としては、活動やお相手探しに制限がないので、婚活を自由にできます。
さらに、動画、顔写真があるので、実際に会うまでに印象づけることができます。

正直、お見合いアシストコースの料金は競合の価格やサービスと比べると、高い印象を受けます。

サポートなしであれば、検討するのにはよいです。

なお、ノッツェは入会前に、活動中の異性会員の写真つきプロフィールを少し見せてもらうことができます。

ノッツェの無料お相手紹介

ノッツェをみて、他社も見て検討することをおすすめします。

(価格表示は全て税別 2017年のデータをもとにしています)

Return Top