Read Article

結婚相談所の選び方。成婚料は成婚率のバロメーターになる

婚活サービスの中で、結婚相談所にだけある金額設定が「成婚料」というものです。

成婚料とは、結婚相談所のサービスをうけて結婚が決まった時に、その成功報酬として支払うお金のことです。
もし相談所に登録している間に結婚ができなければ支払うことはありません。

おおむね10万円から20万円が相場になっています。

10万円を高いなーと思う人もいると思いますが、この「成婚料」の裏にはとても素晴らしいサービスがあります。
もし、これまでの婚活がうまくいかない人であれば、一度検討してみては良いのではないでしょうか。

成婚料が設定されている結婚相談所の各サービスを紹介します。

成婚料があるところ、ないところの違い

サポートの質と費用が大きく異なります

具体的には

■成婚料があるところ

手厚いサポートがある
成婚料が設定される
成婚率を公開しているところが多い
月額負担は安いところもある

■成婚料がないところ

サポートが少ない
月額負担のみ
成婚率はあてにならない

婚活に時間がない人、お金に余裕がある人は成婚料があるところは選ぶとよいです。

婚活においてお金以上に大切なものは時間です。

1歳でも若い方が有利であることは間違いありません。
別に年齢を重ねることが悪いわけではなく、多くのライバルの中で少しでも有利なポイントは維持しておく必要があるからです。

限られた時間を、より効率よく使うには、断然サポートがあった方が早く結婚にたどりつけることができますし、結婚できる確率も上がります。

迷う人としては
「お金も、時間の余裕もない人。できる限り早く、安く抑えたい人」
後はそもそも
「サポートに費用分の価値があるのかと疑う人」。

こういう方のために、成婚料の有無とサポートの関係を確認します。

成婚料という制度の裏側

成功報酬ということで、この成婚料にはどんなサービスが含まれるのか紹介します。

まあ「できるだけ安く抑えたい」と思う人にとって「高い」と感じると思います。
でもこの金額は、請求するだけのサービスがしっかりと整っているのです。

なので「成果報酬」として結婚相談所が「結婚まで導いたので、請求させてください」と請求してくるのです。

まず、どんな婚活サービスをうけたところで「100%」結婚できる保証はありません。

1つ言えるのは結婚への確率が最も高いサービスが結婚相談所であり、さらに成婚料の設定があるところです。

確実に結婚できる可能性があがります。

成婚料を請求する結婚相談所は、成婚料をいただくことで運営が成り立っているわけです。

結婚相談所は結婚できない悩みを聞くだけの場所ではありません。
あくまでも依頼者を結婚に導くことが求められます。

相談所の場所が一等地で、サロンが豪華で、受付の人がよく話を聞いてくれて満足・・・というサービスではありません。
結婚まで導けなければ、結婚相談所の意味もないのです。

手厚いサービス

成婚料を払うまでには、

入会
マッチング
お見合い
交際
成婚

と5つの段階に別れています。

当然ですけどとても長い道のりです。

この期間をしっかりサポートしてくれます。

「デートをあまりしたことがない」
「何を話せばよいか」
「交際しているけど、相手はどう思っているのか」
「自分から断りたいけど言い出しにくい」

ということもフォローしてくれます。

成婚料が成立するポイント

注意しておく点として、「成婚料」が成立するタイミングは会社によって大きく異なります。
何をもって「成婚」とするのか、あらかじめ確認しておきましょう。

成婚とされる箇所の一例

  • プロポーズが成立した
  • 両親に挨拶をした
  • 2人きりで旅行をした
  • 肉体関係ができた
  • 一定の期間交際した

会社としても、報酬をいただくポイントになるので細かく設定しています。
必ず確認しておきましょう。

まとめ

結婚相談所が成婚料を設定しているのは、それだけ結婚に導くことができるノウハウを持っているからです。

設定している会社の多くは、1年以内に登録者の半数以上を成婚へ導く自信があります。
ぜひ時間、お金、自分が望むサービスなのかそのバランスを考え検討してみてください。

Return Top