Read Article

結婚相談所の種類

結婚相談所はインターネットが普及する前からあるとても古い婚活サービスです。

2000年代に「インターネット」という便利な道具も導入し、今のようなサービスが確立されてきました。
歴史がある分、とてもたくさんの種類があります。

サービスが異なるので、選択が難しいように思いますが、突き詰めていけば「成婚料」という結婚が決まって支払う成果報酬と交際までの「サポート」がポイントになってきます。

ちなみに「成婚料」というのは、結婚が決まったことで結婚相談所に支払うお金です。
相場として10万円~20万円の成功報酬のような費用です。

サポートのあり?なし?
成婚料があり?なし?

という点で分けていくととてもわかりやすいです。

サポートのあり?なし?

結婚相談所を選ぶ際にまず、この2つにサービスをわけることができます。

サポートがないところ

サポートがないというのは、データマッチング型の結婚相談所です。

結婚相談所の大手はほとんどこのタイプです。
楽天オーネット、ツヴァイ、サンマリエ、ノッツェという莫大な会員数を誇るところ。

サービスの特徴として「出会う」ことが目的で、その先で結婚をしてもしなくても、特にかかわってこないところが多いです。
多くの登録者の中から、自分の好みを探すこともできますし、数人を紹介してくれます。

その中で、交際を希望してデートの約束を取り付けるという流れです。

婚活サイトや恋活サイトと似ているのですが、真剣に結婚を考えている人が多いのが特徴です。
また、管理も徹底していて、個人情報はしっかりと証明させているので、間違った人がいることはありません。

さらにお付き合いに適している候補を提案してくれる仕組みもあります。
婚活サイトとは比べ物にならないくらいマッチングの精度も上がっています。

これまでの経験から相性の良い方を提案してくれます。

サポートセンターもあるので、交際について相談も可能です。
その代わり、結婚が決まっても、成婚料はありません。

サポートがあるところ

反対にサポートがあるところというのは、結婚までのフォローがとても充実しています。

特徴として、目的が「結婚」するところとなっています。
そのため結婚まで徹底的に面倒を見てくれるわけです。

サポートしてくれる人が、結婚相手に望む条件を確認して、できるだけ条件に合う人を探してくれたり、活動にアドバイスもしてくれます。
もちろん自分中心に動くこともできるので、とても心強いコーチがいるような感じです。

特徴は、お見合い場所のセッティングまでしてくれます。

あったことがない人と、日程を調整するのは結構大変なことです。
その日取り、場所まで全てセッティングしてくれます。

お見合いで、両者の意向を確認したところでやっと、お互いが連絡先を交換することになります。
その後のお付き合いも結婚相談所の方に報告して進めていきす。

プロポーズのタイミングなども全て相談できます。

結婚までの徹底したサポートが充実しているのが特徴です。

当然値段も高いし、その報酬を成果払いとして「成婚料」というものが存在するわけです。

成婚料=サポートの質

サポートが良いところは、比例して成婚料が高くなります。

いわゆる成果報酬・出来高払いですから、結婚が出来るように、双方の希望を上手くつなげてくれるサポート力が必要になるし、それこそが会社のノウハウです。

まあ、正直数値で見える化するには難しいのでなんともいえませんが、月額料金はそれほど高くなく、強気に「成婚料」を設定している結婚相談所はそのサポート力が強く、これまで生き残ってきたノウハウを持っていると推測できます。

成婚料の有無が、結婚相談所の質を評価するポイントでもあります。

具体的なサポートとは、

現状を把握すること
実際の行動プラン
お見合い候補の相手との日程調整
相手の気持ちの確認
本人の気持ちの伝達
交際期間の管理

これらがしっかりしているところは、成婚料を高く設定しています。

まとめ
現状の結婚相談所の価格差はサポートのレベルに関連しています。

成婚料がある ・・・ 月額が安い

ところは結婚までたどり着くノウハウを持っていると推測できます。

成婚料がないところはサポートが少ないので、マッチングや紹介メインで自分で相手にアプローチする必要が出てきます。

Return Top