Read Article

イケメンや美女と話す時に緊張しない方法

イケメンやきれいな人と話すのが苦手な人も多いです。
なんとなく萎縮してしまい、しどろもどろになってしまうことも。

整った顔の人と面と向かって話すときは、緊張して話すことができない人がいます。

そのため、緊張したことで、相手に自分の魅力を伝えられず、それどころか逆に悪いイメージをつけてしまうことも。

もし、イケメンや美女に対し、素直に自分の気持ちや感情を出すことができれば、イケメン彼氏・美人の彼女と成立ができるかもしれません。

今回は、イケメンや美女の前でも緊張しない接し方を紹介します。

なぜ緊張してしまうのか

そもそも、なぜ緊張するのかということを考えましょう。
「緊張する」理由は、単純で「相手がすごいと思い、魅力を感じてしまうこと」にあります。

そして自分にはその魅力がないので委縮してしまう。

例えば

  • 背が高い
  • 目が大きい
  • 着ているものがオシャレ
  • 権力がある
  • 収入が多い
  • 顔が整っている
  • 頭がいい
  • 力がある

などなど第一印象のぱっとみてわかるイケメン・美女の魅力があります。
このような相手と出会うと、1つでも持っていないので勝手に自分より「凄い」と感じ、話す時に緊張してしまいます。

でもずーっと相手の魅力にまけてしまい、緊張してアピールができないと・・、一切魅力的な相手に出会うことができません。

緊張せず話す方法

では、どうやって、その緊張から解き放たれるのか、結構訓練するとできるようになります。

相手のダメな点を見つける

まず、緊張するのは相手の「良いところ」を見つけてしまうからです。
数個良いところを見つけてしまい、勝手に自分が委縮します。

なので、出会ったらまず、相手の悪いところを探します。

例えば、充分顔は整っていても、よーく見てみると髪の毛が整っていなかったり、歯並びが悪かったり。
その他に、身に着けているもののセンスがちぐはぐだったり。

あとは、外見ではなく、声に特徴があったり、喋り方が変わっているなんかもあります。
とにかく相手の悪い点を見つけます。

1つでお弱点を見つけると、ヘンに圧倒されることなく、自然体で対応がしやすくなります。

もちろん、人を見下すために悪いところを探すのではなく、自分に余裕を持たせるために些細なことを探すわけです。

心の余裕を持たせる

弱点を見つけたら、その弱点を軸に自分に自信を持たせます。

簡単に言うと

美人な雰囲気だけど、実際は●●が小さい
とか
イケメンだけど、●●のセンスが悪い
とか。

「自分が相手に少しでも勝っている部分」を見つけそこをよりどころに自分に自信を持たせるわけです。

相手のことを「凄い」と思わなければ、誰が来ても緊張することなく自然体で話せます。

メンタル面で強い人はこの気持ちが優れています。

何かを成し遂げてきたとか、自分にしかできないことがある人はとても強いです。
比較する軸が違うので、とても素晴らしい自信につながります。

Return Top