20代で婚活サイトに登録すると引く手あまた!だった。

20代といえば、社会人になって仕事を頑張り、苦労があったり楽しくなってくる時期。
20代前半には学生の人もいれば、将来のために勉強を続ける人もいます。

ただ、共通しているのは自分の同級生が結婚を始めるという時期でもあります。
男性も女性も共通して20代半ばは周囲の結婚ラッシュに巻き込まれます。

だいたい、大学や専門学校の時や社会人になってすぐに出会って、社会人2.3年目で結婚するような人が20代半ばに多く現れます。
友人が結婚を始めると自然と意識して、連鎖的に結婚が発生します。

毎月結婚式に呼ばれるという月もあるくらいです。

まだ自分は仕事や勉強を頑張るので、結婚には早いなーとか思っていると、婚期を逃すこともあります。

そこで今回は20代の婚活事情を、婚活サイトを通してお伝えします。

実は・・・20代は年齢だけでとても優位に婚活をすることができるんです。
20代という時間は限られているので、もし、婚活しようかなと思っている人は、読んでみてぜひ実践してみてください。

婚活を始めるなら20代がベスト

結婚は早ければ早いほうが、男性にも女性にもメリットが大きいです。
その後の人生が充実して過ごせる能性が高くなります。

「20代の婚活は早い」と思っている人がいるかもしれません。
でも、婚活の適齢期で、もし候補となる異性がいなければ婚活すべきタイミングなのです。

初婚平均年齢は29.4歳

厚生労働省が2015年に発表した「人口動態統計」を見ると、婚姻年齢があります。
全国平均で女性29.4歳、男性31.1歳となっています。

お付き合いをする期間を平均の3-4年と考えると、20代で結婚を考える相手と出会っているわけです。
婚活を考えると、遅くとも20代後半には始めないと、平均よりも後ろになってしまいます。

婚活サイトの誤解

婚活サイトというと「モテない人が利用する」というイメージを持っている人もいます。

しかし、実際に登録してみればわかると思いますが、ルックスが特別悪いとか、いわゆる条件がわるいとか・・・そんな人ばかりではありません。

「普通の人」が婚活サイトに登録して、結婚相手の候補を探しているのです。

というのは、普段の生活圏内で出会いがないので、婚活サイトを利用しているわけです。
こちらでも書きましたが、東大卒の若い男性も、結婚サイトに登録して婚活しています。

東大卒男性に聞いた!簡単に高収入の男性と出会う方法

彼らは、学生時代に勉強ばかりしてきたので、恋愛を知らないのです。
どこに行けば出会えるのかすら・・・知りません。

婚活サイトの登録年齢層

多くの婚活サイトの登録者層の中心は20代後半から30代前半です。

何より20代は婚活市場ではとても人気があります。

正直言うと20代半ばまでの女性は、モテまくり面倒なほどでしょう。
容姿に自信がなくても大丈夫です。

「20代」という年齢は、それだけで異性からアプローチされます。

とくに女性は出産のこともあり、生物の本能なのか若い女性は子孫を残したい男性から人気を集めます。

また、20代の男性はそれほど収入が高くない人が多いけど、年下の女性から見れば十分な高収入で、人気があります。
同時に、少し年上の女性からは絶大なアプローチもあります。

とにかく、20代・・・中でも少しでも若いというだけで、婚活サイトでは相手探しに苦労しません。

下記に婚活サイトをいろいろ紹介するので、特徴を見て登録をお勧めします。

合コン、街コン、友人の紹介より婚活サイト!

20代だと、合コンや街コンさらにはお見合いパーティーも含め様々な出会いはあるはずです。

でも恋愛経験が少ない場合は、異性との接し方がうまくなく、そこそも参加せず出会いがないという人も多いです。
また、周りが結婚を始めると合コンのお誘いや、友人の紹介すらなくなっていくのが現実。

20代中に、更に出会いがないという悪循環に陥ります。

そんな男女こそ「20代」という若さを武器に婚活をスタートさせるのがベストです。
女性は「20代」というだけで、アプローチがたくさんあるし、男性もアプローチを断られる確率が格段に変わります。

わざわざ虚勢をはる必要もなく、自分らしく若く清潔感でアピールできるのも特徴です。

恋愛経験が少ないくても、容姿に自信がなくても「20代」という若さこそ、武器として婚活ができます。

自分を磨くタイミングにもなる

婚活は、本気で結婚をしたい人が、それぞれの人間を見定める場所でもあります。

異性の厳しい目やライバルの熱、時には返信すらないという悲しい結果もあるでしょう。
それこそ自分自身を見直すきっかけになります。

例えば、相手から全く連絡がないこともあります。
それが相手の責任だったとしても、現実を受け入れるしかありません。

なぜ連絡がこないのか、その現実を受け入れ、別の相手で同じようなことが起きないように自分ができることを努力しなければいけないからです。

客観的に自分の弱点を認識し、自分の良さを見つける経験にもなり、人として成長できるきっかけにもなります。

20代ですべき3つのこと

といっても20代というだけで、結婚することが良いわけではありません。
人生経験が少ないだけに、結婚後に後悔することもあります。

そんなことが起きないように、婚活を始める前に3つのことを確認してください。

相手に希望する条件を考える

結婚相手に望む条件がなければ、婚活は進みません。

簡単に異性と合うことができて、流されえるまま結婚してしまい・・・実は理想の結婚生活と違っていた・・・ということにならないようにしなければいけません。

そのためにも相手に何を求めるのか、決めておく必要があります。
もちろん、すべてに当てはまる異性はいないです。

でも、自分なりに条件によって優先度、重要度が違い、うまく異性を見つけることができます。

住まい
性格
学歴
収入
勤務先
身長
体系
家族構成
性格
などなど。

求めたい条件があれば明確にしておきましょう。

また、自分が年を追うごとに、その条件に当てはまる異性も激減していきます。
望む条件の人はライバルも多いということを理解しておいてください。

自分も磨く

結婚というものは、その後あなたが異性に与えてあげられることを明確にしておく必要があります。

結婚はお互いが助け合い、与えたり、与えられたりしながら営んでいくものです。

そのギブアンドテイクがお互い見合っているのかも判断されます。

「20代」という武器は1つのポイントであることは間違いありません。
でも、実際に会った時に「この人と結婚したい」と思ってくれなければ婚活は成立しないわけです。

例えば、年収1000万の男性と結婚を望む人は、それなりに1000万の男性をささえる人でなければいけないわけです。
時事や金融のニュースを一切理解できない人が、そんな男性と会話はできませんよね。

20代の若さは入り口にすぎません。

異性があなたとの結婚生活をイメージができるような、自分が与えられる魅力をしっかりと作っておくことが大切です。

男性であれば収入や仕事、趣味がそれになりえますし、女性であれば、料理や家事など家庭的なことも1つです。

第一印象を良くする

婚活をしている人は、異性と接する機会が少なかった人が多いです。
仕事で営業している人ならば、人に会うことになれていて話もスムーズにできるのでしょうけど、そんな人でない限りはなかなか話がうまくできないことが多いです。

婚活サイトを通して、実際に会うとなると、その出会いの場はとても緊張してしまうものです。

そこで、お互いがリラックスできる雰囲気を作ることが大切です。
話す時間が楽しいとか、居心地がよかったと心から思ってもらえるよう、そんな人間になることを努力しなければいけません。

別に、話し上手になる必要はないです。
うまく相手が話しやすいように、話を聞き、質問ができるだけでOKです。

出会いの日に向けて、人の話を聞く、人と話すことを努力してみてください。

婚活サイトの探しかた

様々な婚活サイトがある中で、できるだけ良いものを選ぶようにしましょう。
間違っても「出会い系」に登録しないようにしてください。

20代には20代にあった婚活サイトがあります。

良質な婚活サイトの見極め方を解説します。

会員数が多い

良質なサービスに共通していることは、会員数が多いことです。

カップル成立の実績があり、さらに広告などを使って新しい会員を獲得していることがあげられます。
その分出会いのチャンスも増えるわけです。

地方の人は、サービスによって登録者が満足できない場合もあります。

様々なサービスに無料登録して、その間に、何度かログインして条件検索機能を利用して、実際にアクティブな人がどれだけいるのか確認しておくのも手です。

身分証明書の提出があるところ

婚活サイトは、実際に会うまで時間がかかります。

その間に・・・もしも結婚の意思のない営業目的だったり、なりすましの同性だったりしては大変です。
婚活は時間が勝負でもあり、無駄にメッセージのやり取りをしては意味がありません。

優良な婚活サイトは、サイトのサービスを使うために必ず本人確認の運転免許証などの提出を義務付けています。
運営に提出がない段階で、メッセージをやりができないなど、基本的な機能が使えないようになっています。

中には、職業や年収、独身の各種証明書類の提出を求める婚活サイトもあります。

在籍証明書や源泉徴収票の写し、独身証明書などで確認がとられます。

もちろん、個人情報を扱うのでプライバシーポリシーがしっかりしているところ、「プライバシーマーク」が掲示されているところが望ましいです。

会員数の多さも含め、必然的に大手が運営しているサイトが望ましいです。

プロフィール写真に審査

優良な婚活サイトでは、掲載するプロフィール写真が本人で、しっかりと正面から撮影されていることを確認します。

いわゆる出会い系だと、過激な写真がOKですし、マッチングアプリの中には本人ではない人の写真が載っていたりもします。
そんな中、結婚を前提とした活動はできませんよね。

適正な運営のためにも、写真もしっかり確認されているサイトが良いです。

別にプロのカメラマンに頼む必要はありません。
友人や家族に晴れた日の外で撮影してもらえればそれでよいのです。
自撮りは、ナルシストっぽく映るのでNG。

最後に

男性も女性も、年齢が若ければ若いほど、アプローチされる数は多くなります。
もちろん、選ぶ人を間違えて会うこともあるでしょう。

でも、20代という若さの武器は婚活でとても大きいものになります。
特に20代半ばの女性は、男性の年収1000万に匹敵するような存在です。
しかし、同じ女性も5年後に登録すれば、一切チヤホヤされないのが婚活の現実でもあります。

婚活しようかなと思った20代の人は、時間は戻ってこないので早めに登録して使ってみることをお勧めします。