Read Article

【6分類】婚活の種類の特徴と活用ポイント、自分にあった婚活方法を選ぼう

婚活の種類はこの6つ!特徴と活用ポイント、自分にあった婚活方法を選ぼう

「婚活」という単語が一般化され、交流関係がない初心者の人でも、気軽に婚活に登記できるようになりました。
 
婚活するには合コンや友人の紹介によりお友だちと会うのは普通ですが、この何年かで新しい仕組みの出会いアプリやインターネットサービスを利用しする方法が増えてきました。

種類も多く「婚活をしよう!」と思った時に、まず困るのは「何からするか?」ということです。

最初はまず、婚活にはどのような選択の幅があるかを理解しましょう。

といっても、それぞれのサービスについて検討するより先に、一番初めはおおまかに、どんな分類があるのかを理解できること。婚活サービス業界の、大きな住み分けを、頭に入れることがスタートです。

ここで話題にするのは、6種類の婚活サービスです。

現状の婚活サービスのすべては、この6種類のどれかに含まれます。

それぞれの手段やルールを初心者向けに紹介します。

婚活の方法

初心者が婚活をするのにすぐに思い浮かぶのは、出会い系アプリだったり、街コン、恋活パーティーなどイベントに参加するのが敷居が低く取り組みやすいです。

最近は未婚率が高まり、アプリやイベントの利用者は増え、サービスもより分かれてきました。

結婚相談所

一番高い!でも、真剣に結婚したい!「時間」を有効に使い人向け。

初期段階の費用は割高になっています。
ただ、最も結婚に到達する確率が高いサービスは、この結婚相談所です。
真剣に結婚をしたいと希望される人に限れば、利用検討をする価値はあります。

結婚相談所というと、なんとなく古臭いイメージが残っています。

でも、今の結婚相談所は、進化していて、登録価格もサービスも豊富にあります。

一番大きな変化は、結婚相談所同士の会員を繋ぐネットワークシステムが誕生しました。
それにともない、シェアを広げ、さらに登録者から自宅のパソコンからお見合い相手を見つけられるサービスもあります。
もちろん、お見合いの状況やセッティングは、相談所のカウンセラーに共有・管理されて、俗にいう「お世話」もしてもらえます。

「お世話」のおかげで、初回のセッティングはそれほど問題はありません。
その後、交際に発展するのかは相性や考え方次第でしょうけど、やり取りはとてもスムーズです。
その結果が、高い成婚率につながります。

結婚相談所が、マッチングの間にどれだけ入ってくるのか、どこまでしてくれるかは、会社によって様々なので、絶対に見定める必要があります。やってくれることに合わせ、値段も変わってきます。

初期の費用が高いので、後から他のサービスへ乗り換えることが、費用を無駄にしてしまうので、最初にどれにするかは調査が必要です。

婚活パーティー

「コスト・真剣度・楽しさ」バランスがよく、いまでも人気のサービス。
「婚活」の入り口として、迷ったら参加しよう。

もっとも優れた点は、はじめやすさにあります。
婚活パーティーには幾つもの会社が運営管理していますが、どこも基本的には、年会費や、登録料がいりません。

さらに1回の参加費用のみで参加ができるのが特徴。
費用も女性なら500円~3,000円、男性は4,000円~7,000円が相場です。

参加も空席があったならば当日申込ができるほど、ハードルが低いので、資金面で婚活の様子見をしている人には、スタートするのに最適なサービスです。

人数は十人程度が参加する少し規模の大きな合コンです。

出席する人の年代も幅広いですが、最近はある程度パーティーの趣味嗜好を制限して、「年収や職種別」というようなくくりだけではなく、「日本酒が好きな人」「アニメが好きな人」という条件を参加前に確認することで、趣味や年齢別、異性の好みに応じて広範なタイプのパーティーに参加できるのが違いだと言えます。

お酒を飲むパーティー形式に捉われず、一緒にスポーツうあ趣味を楽しむイベント系の集まりも開設されています。
ほかには、1対1で個室で10分くらい話すことができるものもあります。

婚活パーティーと言われると、テレビで頻繁に取り扱われる「回転寿司」のようにぐるぐる周り、1人とのお話し間隔は1~2分という慌しい印象があるかもしれません。

会社によって、企画や形式は様々あります。

参加する内容によって、空気感が大きく変化するので、ご自身の希望を考慮して、参加するイベントを選ぶのが重要になります。
もし合わないと、とても疲れてしまいます。

婚活パーティーの注意点

街コンと比べて婚活パーティーは、参加者が比較的に少ない人数であることから狭い会場で開かれることが多く、異性一人一人と面談する時間も長いタイプが多いです。
その分、時を同じくして参加する同性を意識する必要もありそうです。

マナー、服装、パーティーの流れ

パーティーに不可欠なマナーや洋服はいろいろあるのですが、詳細なドレスコードや参加条件が決まっているケースがあります。出席する際は、婚活パーティーの運営が指定したルールを必ず守るようにしましょう。

また、街コンとは違い個人個人が自己アピールする時間も準備される場合も多くあります。
 
自分を過度に紹介するのではなく、同性の仲間を立てる細やかな心遣いが異性にモテる場合もあるでしょう。合コンと同じように、場の場の雰囲気を汲み取る力も必要です。

婚活サイト

上の2つに比べると知名度が下がる「婚活サイト」。ブライダルネットだとか、ユーブライドなどサービス名が有名です。

料金は、月額2,000円~5,000円程度。

婚活サイトの基本の流れ

まず、インターネット上で、登録会員のプロフィールを見ることができます。

もちろん見られることもあるわけで、自分のプロフィールもしっかりと記入します。

連絡を待っていてもいいし、いい人がいたら、「いいね」ボタンなどでアプローチすることもできます。
相手も「いいね」を戻してくれれば、メッセージのやり取りを行い、連絡先交換して実際にデートに進む感じです。

サービスによって少し異なることもありますが、大まかにはこんな流れです。

婚活サイトと出会い系サイトの違いは?

この流れだけ見れば、「出会い系サイト」と全く同じ感じです。
では、わざわざ「婚活サイト」いうと、「出会い系」とどうちがうのでしょうか。

出会い系と婚活サイトの大きな違いは、この3つ。

①本人確認書類の提出を行う

②女性もお金を払う

③卑猥or誹謗中傷を含むメッセージの監視体制があること

出会い系では本人の確認はとても安易に行われます。
簡単なメールのやり取りだったり連絡先の確認程度で終わるので、いろいろとプロフィールを偽ることも可能です。

メッセージのやり取り、内容に禁止文言はほとんどないと思われ、体目的に文章も関係なくやり取りが出来ます。

その点「婚活サイト」は厳しく監視されていますし、参加する異性も結婚を前提としてお付き合いを探しています。

出会い系に登録することと全く意味が違うので、安心です。

会うまでには時間がかかる

婚活サイトの特徴は、開始することが、非常に気軽で簡単です。

今はスマートフォンでもはじめることが出来るようにもなっています。
しかし、簡単にはじめられるけど実際に「顔を合わせる」迄は、思っている以上にやりとりが必要です。

ある程度プロフィールから内容を把握して、メッセージのやり取りをします。
その後で、「この人とあってみたい」と思えた人とだけ顔を合わせをします。

その間、全て自分でやり取りをする必要があります。
このやり取りを面倒と思う人も多く、会う前に挫折する人がいるのも事実です。

サービスの中には、登録が無料で行うことが出来るところも多く、いったん登録してみて、自分に合うかチェックしてから、本登録することをお勧めします。

マッチングアプリ(恋活サイト)

SNSの機能と併用しているので、20代も多くいるのが特徴です。

男女ともよりリアルで恋愛に近い

「恋活サイト」「マッチングアプリ」といわれる分類を紹介します。

恋活サイト・マッチングアプリの代表格はペアーズや、facebookお見合いというサービスです。

利用者の年齢は婚活サイトに比べると少し低めで、参加費用も安め。

使っていくの流れは、婚活サイトとほとんど同じです。

気になる異性を探して、ネット上でアプローチをしていきます。
メッセージのやり取りをして、お互いの納得が取ることが出来たら連絡先交換します。
その後実際に会うという流れです。

若い人が集まる

恋活サイト・マッチングアプリと婚活サイトの大きな違いは、女性利用者の価格設定にあります。

特に恋活サイトは、女性の利用料金が安いです。

例えば、ペアーズは女性無料という設定。
facebookお見合いも「10代20代」の女性は無料となっていて・・・。
若い女性がとても優遇されます。

女性の登録のハードルを徹底してさげることで、ユーザー獲得をしています。

人数は当然増えていくし、SNSの表示が上手い女の子が登録していると、それを「エサ」にして男性を集めることができ、そしてまた女性も集まってくる・・・という戦略になっています。

正直、婚活サイトと対比すると、「婚活を必死でやっている人」は減ります。
ただ、一般的にまだ余裕がある男女は恋活サイトやマッチングアプリの登録が多いのも現実です。

自分が何を希望するか、時期・状況を考えた上で、恋活サイトなのか、婚活サイトなのかを選択する必要があります。

マッチングアプリの仕組み

恋活アプリ・マッチングアプリは、幾つもの異性のプロフィールや写真を一覧し、好みの異性に「いいね!」を送る仕組みです。
 
基本的に、Facebookの友人をにはわからないように行われ、周りの目は一切気にせずに恋人を探すことができます。

いずれのアプリも、マッチングが成り立ってからメッセージを交わし、その後お互いが好意を抱けば現実の世界で会ってデートをすることになります。

そのまま交際に発展するという流れです。

初心者におすすめ

今一番活動的な利用者が多いジャンルです。
単純に考えて、利用者が多いサービスを使うことが異性との出会いに最も早くつながることです。

中でも、初心者におすすめのサービスが「pairs」「omiai」などの月額課金制のサービスです。
 
月ごとに料金が請求され、どれだけ使っても追加費用がかからないのがメリットです。

ただ、月額にも難点があります。
 
異性に初期の好意を抱いて「いいね!」ボタンを押す回数には限りがあります。
いいね!ボタンを押せる回数は1ヶ月で決まっていて、毎月加算される仕組みが多いです。

「いいね!」をある数以上する場合は、新たにポイントを購入する必要があります。

注意しましょう。

大手のマッチングアプリでは、成婚者のインタビューを見ることも出来ます。

実際のカップルの顔や名前が出ていることもあり、安全性が高いのもうなずけます。

合コンサイト

合コンセッティングサイトは、名前の通り、合コンを組んでくれるサービスです。

最大の難点は「友達と一緒」ということで、人と一緒に婚活・恋活したくないというような人にはNGです。

このサービスの仕組みは、インターネット上で、合コンしたい「グループ」を探します。
相手のグループに対して合コンの申し込みをして、OKであれば日程・場所を決めて合コンが行われるというものです。

メリットは

  • 簡単
  • 安心
  • 自然

運営の会社が、合コンの日程調整やお店の予約を全てやってくれるので「簡単」です。

もちろん、1対1ではないので、友人と考えている場合はメリットも多いです。
女性も連絡先を交換せずにマッチングできるので「安心」して登録をしている人もいます。

当日は、完全に「合コン」です。

マッチングアプリが出てきて、ちょっと人気が無いような感じですが、メリットも多いサービスです。

街コン

数年ほど前に一大ブームになっていたのが街コンです。
最近は注目されることも少ないですが、着実に定番化して、定期開催されています。

街コンの会場は複数の飲食店を訪ね回りながら異性と接触すること。
 
最初は結婚意欲が強い人が集う街コンがたくさんあったのですが、最近は結婚相手を探していない人もそれほど気張らずに参加できるようシステムへと変化してきています。

ブームの時は、続々と新しい運営企業が参画して、質が低い街コンが増えました。
今は、業者も淘汰されて、従来からは品質の高い街コンが多いと考えられています。

もちろん、業者はしっかりと選定すべきです。

特に街コンは実施する地域活性化といった目的から自治体や地域の商業団体が主催し、比較的規模の大きな状況で開催されます。
 
参加する人も多種多様で、結婚へ直結するのかというとなかなか難しい一面もあります。
 
大勢で話して仲良くなって、交際を進めたい人にはおススメですが、異性への好みや要望がしっかりとある人は婚活パーティーやマッチングアプリを利用した方が好みの異性と知り合える可能性は高いです。

街コンのマナー

街コンの主催者にとって一番大切なことは、とにかく多くの参加数を確保することです。

参加者を満足させる事を理由として、ドレスコードや年齢制限などを行わず、幅広く集めます。
 
合コンやパーティーと比べても、割とカジュアルな服装で手軽に参加しても認められます。

問題は、仲間と参加することで、、内輪だけで盛り上がったりすることも多いです。
そうなると、何を目的として足を運んだのかわからないですし、企画してくれた運営側に迷惑をかけます。
 
なるべく多くの異性と交流して街コンを盛り上げることがマナーです。

街コンの流れ

1つの街コンで、数軒の飲食店を訪ね歩いて、飲み食いします。
各店舗で、異性のグループと会話をしながら、連絡先を交換していきます。

大規模な街コンだと、300人並みの男女が参加することもあります。
もちろん、全ての異性と話すことができることはありません、一回の参加で話すことができるのは6人から10人くらいになります。

メリットは食事をしながら、気軽にたくさんの人と触れ合うことができることです。

婚活パーティーと比較して、もっと気楽な空気ですし、友人と参加できることもあります。

ただ、質が悪い街コンでは、協賛するお店はいわゆるチェーン店の居酒屋だけ・・・。

それでいて男女の人数が全く合っておらず、サポートもなしということもあります。

ほとんど交流が出来ずに終わることもあるので、主催を確認してしっかり選びましょう。

街コンに参加する服装

街コンには、ほとんどドレスコードを設けているところはありません。

ただ、なんても良いというわけでもなく、清潔感は必須です。

短時間で異性と触れ合うという事から考えても、ほとんどの人に好印象を与える無難な服装が必要です。

過度に目立ちすぎず、万人にオシャレと思われる服装が良いです。

街コンの流れ

街コンの参加料は事前に支払う決まりになっているケースがあるので注意しましょう。

ほとんどのケースは、開催前日までにインターネット上で決済を済ませる場合が多いです。
当日、会場に到着してから、支払いをしておらず参加できない結果になっては意味がありません。

街コンはほとんど運営のフォローはなく、個人個人が自己紹介する時間もありません。

基本的に参加者同士が接触するタイミングは自らが動いて作る必要があります。
 
ですから、消極的では出会いが無いのも現実です。

最初は周りを気にすることなく積極的に会話し、自分に興味を持ってもらうように動く必要があります。

まとめ

婚活の種類は大きく、6つの分類になります。

それぞれに良い点悪い点があり、参加の方法も全く違います。

もし、「これ、いいかも」と感じているサービスがあった方は、ここのサービスをより具体的に確認することをおススメします。

もし迷っている方がいれば、ぜひ問い合わせください。

より良いサービスをご提案いたします。

Return Top