Read Article

婚活サイト/アプリで本当に結婚できるの?成婚までにするべきこと

周りに、婚活サイト/アプリで結婚した人っているのでしょうか。

実際、バカ正直に「ネットで知り合った」という人はまだまだ少ないです。
下記に紹介しますが「婚活サイト/アプリ」をしている人は少数派なんですよね。

比較的新しいサービスです出会い系と混同している人もいて、なかなか言いづらいもの。

友人に紹介するときは「紹介されて知り合った」とか「知人の紹介」というように伝えます。
まあネットを介して紹介を受けているのでうそではないです。

また、結婚式当日には、「**年●月□日(初デートの日)に二人は運命の出会いを果たしました・・・」みたいに紹介されます。
婚活サイトでの出会い方もきっかけの1つに過ぎないんですよね。

ここでは、結婚に向いている婚活サイト/アプリの紹介と出会い系との違い、またスムーズに結婚するまでのポイントを解説します。

婚活の現状

2015年の調査では、男性の初婚年齢は31.1歳、女性は29.4歳とどんどん晩婚になっています。

婚活サービスの利用も少しずつ進み、リクルートブライダル総研の2016年の調査によれば、婚活サービスの利用で結婚した人は11.3%。
約1割が婚活サービスを利用して結婚にいたっています。

晩婚化といっても、婚活せずに恋人ができて、結婚する人も多いです。
しかし、出会いがそもそも無い状況では婚活サービスに頼らなければいけない現実もあります。

ではどのような婚活サービスが利用されているのでしょうか。

利用されている婚活サービス

結婚相談所 25.3%
恋活サイト&アプリ 20.5%
婚活パーティー 18.7%
婚活サイトやアプリ 17.2%

 ※ リクルートブライダル総研の調査で婚活サービスの利用状況
   結婚数とは関係なく、利用状況の集計。

結婚相談所は高い分、徹底したサポートで結婚まで導いてくれます。
デメリットは、恋愛している感は無いんですよね。

紹介される人も、結婚したい人というよりも結婚できる人という妥協的な紹介も多いです。

気になる「婚活サイトやアプリ」は4位、似たサービスの「恋活サイト&アプリ」は2位で合計すると結婚相談所を抜く割合です。
結婚する人の3人に1人が使っている割合です。

どちらも仕組みはにていて、サイトやアプリでプロフィールを登録。
次に気になる相手を探し、サイトやアプリ内のメッセージ機能でやり取りします。
相手とある程度やり取りし、判断して実際に会うという流れ。

もともと「婚活サイト&アプリ」があって、ここ数年SNSの利用拡大と同時に「恋活サイト&アプリ」があがってきました。

「恋活サイト&アプリ」と「婚活サイト&アプリ」の明確な差はわかりません。

ただ、男女同料金でより身元の保証がされているのが「婚活サイト&アプリ」。
少し固く、結婚の意識が強い人が多いです。

「恋活サイト&アプリ」は登録に女性が優遇され無料登録ができるサービスが基本です。
まずは恋愛して、お互いの相性をみて進めるという距離感の人が多いです。
圧倒的に登録者が多いことと、初期費用が安いのでお勧めのサービスです。

ちなみに現在知る限り、30個以上の「恋活サイト&アプリ」と「婚活サイト&アプリ」があります。
おススメは次の4つになります。

1年以内を目指す

ユーブライド
ペアーズ マッチブック
マッチドットコム

いずれは結婚

年代別 オススメのネット婚活

20代 マッチドットコム
30代 マッチブック
40代 ユーブライド
全年代 ペアーズ

使い勝手や利用する年代、会員数を考えると上のような傾向。

まず「ペアーズ」は会員数がとても多いので、併用することで出会いを増やす。
SNSを頻繁に使う人は連携している「マッチブック」もお勧めです。

比較的若い人が多いのは「マッチドットコム」。
若い人が苦手な方には「ユーブライド」に集まる傾向があります。

会員数 男女比 年代 料金 Facebook その他
マッチドットコム 180万人以上 男6:女4 20代-40代 男女月額2,467円 不要 世界サービス
マッチブック 非公開 非公開 アラサー 月額3,980円、女性無料から 必要 リクルート系
ユーブライド 100万人以上 男6:女4 30-45才 男女月額2,320円 不要 mixi系列
ペアーズ 500万人 男6:女4 20代-40代 月額3,480円、女性無料から 必要 会員数最大

マッチドットコム

世界一のマッチングサイト。
Faceboookとの連携が不要なのも特徴です。

20代でFacebookと連携がOKであればペアーズでもいいかも。

マッチブック

リクルート系の恋活サイトです。
2015年公開でまだ会員数は少ないと思われます。

会員集めはとても上手いので、確実に増えてきています。
アラサー世代が多いのが特徴。

ユーブライド

SNSのさきがけともいえる「mixi」を運営しているmixiグループが母体です。
ネットの時代に合わせたサービスもあり、また年代は比較的高く、結婚に真剣な人が使っています。

ペアーズ

会員数は国内No.1。
幅広い年齢層の方が利用しているので、ここはおさえておけば出会いが増えます。

婚活サイトのメリット/デメリット

メリット

  • 費用が安すく、月額3000円前後、女性無料もある
  • どこでもできるので場所を選ばず、時間も選ばず
  • たくさんの人がアクティブで、常に数万の人がいます
  • 先にデータを見ることができて、いろいろと人を選べる
  • プロフ、写真、年齢次第でたくさんのアプローチがくる
  • 複数の人を同時に恋愛進行できる

婚活サイトのデメリット

  • ライバルが多い
  • 会うまで真剣度が見えにくい
  • 会うまでに時間がかかる
  • ウソも書ける

当たり前ですけど、会員数が多く、人気がある人に集中しライバルも増えます。
また価格が安いので、月額数万の結婚相談所に比べれば真剣度は下がります。

ネットで初めて出会うので、自分で相手を最終的に確認しないといけないです。
仮に、幼馴染だと長年の付き合いもあり、親兄弟を知っているので安心なんですが、ネットのデメリット。

といっても、デメリットばかり見てもいけませんよね。
メリットのほうが十分上回ります。

これまで出会えなかった人と出会うことができます。

価値観が合う人が多い

サイトやアプリ内で、プロフィールを詳しく確認することができます。

ずっと一緒にいるには価値観が合うことは大切なことですよね。
金銭感覚、家族との距離感、仕事への取り組みなどなど。

さまざまな質問からお互いの価値観を照らし合わせることができます。

趣味が合う

一緒に暮らす中で、共通の趣味というのも重要な人もいます。
趣味を通して会話も進むし、盛り上がるポイントも共有できたりもします。

なかなか自分の周りに趣味を共有できる異性はいないものです。
そう思う異性も多いので、婚活サイトは趣味も確認できるのでとても便利です。

ドキドキできます

はじめて会う時は緊張します。
でもそのドキドキは、新鮮かもしれません。

恋愛でもお見合いでもまったく違う、異性に対する期待と不安が入り混じった感覚です。

注意点

気軽に参加できる分、注意すべきデメリットもあります。
ぜひこちら読んで上手く回避してください。

出会い系との違い

婚活、恋活と呼ばれるサイトと「出会い系」の違いは明確に線引きされているものではありません。
ただ登録方法、課金方法、サイトの構成などがまったく違います。

出会い系はいろいろとヤバいです。
ストレートにいえばアダルトコンテンツが豊富ということと、「写真」に問題ありです。
一目見ればわかります。

出会い系はワンナイトであったり、ヤリ目が集まる場所に近いことは否めません。
その点婚活、恋活と呼ばれるサイトは、アダルトコンテンツは一切ないし、写真1つにもルールがありチェックされます。

身元保証

婚活、恋活サイトは身分証明が後からというところが多いです。
身元の確認をされずに活動ができるので、収入や就労状況などウソも書けるわけです。

運営が確認すれば、チェック済みのマークがつく場合もありわかりやすいです。

対策として、身元が確認されている人を対象にするか、メッセージのやり取りの中で身元を出すことを促してみましょう。

もし身元保証が無く会う場合は、その状況を理解し、数回のデートの中で勤務先や親族の確認をすることがよいです。

詐欺師かも

結婚詐欺、セールス勧誘、宗教勧誘などもあります。

別に婚活サイトに限らず、実生活でもあるんですが。
不特定の人と接点を持つと必ずついて回るものです。

変なものを売りつけられたりしないように気をつけてください。

仮にお金を失わなかったとしても、婚活の時間を費やすことはとてももったいないです。

大事なポイントはまとめたので確認してください。

危険回避のポイント

遊び人・ヤリ目・詐欺をどう防ぐか。

大事なポイントは4つです。

  • 身元の証明をしている人を探す
  • 始めてあったときに身分証を確認する
  • SNSで友人になり、その人の友人を見る
  • 早い段階で親族や友人に会う

失礼とか考える必要はありません。
本気で結婚するとなれば、どこかで通らなければいけないものです。

どこのだれかわからない人と結婚できませんからね。

本当に出会えるのか?

最後になりますが、

婚活サイト、恋活サイトで本当に出会いがあるのか?

という点です。

まず、男性は積極的に女性にメッセージを送らなければいけません。
どのサービスも女性から言い寄ってくるということはありません。

婚活サイト、恋活サイトともに仕組みとして、男性が始めのアプローチをすることになっています。

また男女ともにいえるのはできるだけ若いことです。

特に女性は23-25歳がピーク。
この年代でそこそこプロフィールを埋めていれば1日数十件のメッセージが届くでしょう。
後はどんどん落ちていく感じですが、30代でも充分にメッセージを受けることはできます。

女性はイージーで男性はハードといったところです。
しかし30後半は男女ともハードであることは間違いないです。

1日でも早い婚活スタートが重要なんです。

Return Top