婚活サイトで結婚できる?50代にもおすすめの熟年婚活

40代から50代になると、婚活の方法も進め方もなんとなく変わってきます。

この年代になると、男女とも婚活を終わらせている方が多く、30代に比べ男女ともにパートナー候補の異性が少なくなります。

また、若い人は自分の年齢よりも前後5歳までが、候補として受け入れられる限界という方が多くなかなか難しい印象があるのも事実です。

おそらく、周りに結婚の対象になる異性がいないのが現実です。

そんな状態で一生を過ごすつもりですか?
独りで人生を過ごすのは寂しくありませんか?

結婚を望む50代には厳しい現実かもしれません。
このまま何も婚活しなければ、結婚は厳しいのかもしれませんが、その現実に身を任せてしまえば一生独身です。

しかし、結婚したいなーという悩みを抱えている人がいないわけではありません。
似た境遇、同じような理由で結婚をしたいと願っている同世代の独身の方もいるのです。

50代からの婚活で、もっとも大切なことは50代、40代の同世代の会員が多くいる婚活サイトなどの婚活サービスを選ぶことです。

人生経験が豊富で、一通り恋愛を経験し中には、離婚を経験されている人もいます。

結婚を望む人が集まる場所へ自分が参加するだけで、可能性が高まります。

「時間」だけは刻一刻と進んでいきます。
結婚を考える50代であれば、この日、この時、この瞬間から、婚活を始めていきましょう!

50台の婚活について

晩婚化が進んでいて、実際に生涯未婚率と呼ばれる50代で一度も結婚をしていないという方の割合がとても高くなっています。

2015年の国勢調査では

女性14.06%
男性23.37%

なんと女性では10人に1人以上、男性ではほぼ4人に1人が一度も結婚していないというのが現実です。
また、離婚件数は年間20万件ほどで、年齢は30代前半が多くなっています。

将来に対して漠然とした不安を抱えて、婚活を始める50代も増えています。
50代になって婚活を始めようと思う方は、たくさんいるのです。

初婚希望

生涯未婚率をみれば、女性の10人に1人、男性の4人に1人が結婚をせず50代を迎えています。

「結婚したくても、出会いがなかった」「失恋をして、その後勇気がでなかった」という方もいるでしょう。
中には「一人が楽だった」という方もいて、結婚をしなかった理由は様々です。

しかし、残りの人生も一人と考えると、50代はまた違います。
共に過ごせるパートナーが欲しいと思う人が多くなっています。

初婚で婚活を始める人も充分いるのが現実です。

再婚希望

様々な理由で結婚を解消した人もいます。少ないですけど、結婚の大切さを知っている人です。

一度結婚をしていることで、お互いの気持ちを分かり合える人も多いです。
子供の理解が得られることが再婚への重要なポイントです。

50代でも大丈夫

50代だからと言って、結婚ができないわけではありません。

ハンディとすれば30代、20代とお付き合いすることはほぼ無理と思います。
しかし、様々な人生経験を積んだ熟年層はお互いの理解を深め、結婚する事は難しいことではないはずです。

50代婚活の気構えとポイント

男性編

婚活する以前に重要なのは心身ともに健康な人です。
また、50代でなくても清潔感、身だしなみも最低限意識している人でなければいけません。

年をとっても、まだまだ楽しく過ごせる人でなければ、結婚は難しいです。

婚活がうまくいかない人は、清潔感に乏しく、またネガティブな人です。
特に凝り固まった思考で、物事を悪い方へばかり考えてしまう人も多いです。

この点は改善していくことが望ましいです。
結婚相談所などは様々なアドバイスをしてくれるので、登録してみるのも良いかもしれません。

あと・・・自分が50代なのに20代や30代との結婚を望むのはNGです。
極端に50代を覆い隠すような魅力があれば別ですが、一般的に同年代との結婚が普通です。

前向きな思考と行動力が結婚に結び付きます。

女性編

男性同様に健康な体と明るくふるまうことはとても重要です。

年齢を気にして、あまり若作りすると逆効果になることもあり、年相応の身だしなみが必要です。

男性が望む点としては、外見的なことよりも、空気を読めて気配りができることです。
さりげないやさしさ、気遣いは大きな武器になります。

聞き上手になることや、うなづき方の1つで変わることもあります。

好感度をあげることを意識することが結婚に結びつきます。

それでは、中高年世代が選ぶ婚活方法を紹介します。

50代の婚活方法

友人紹介

50代になれば、親友、職場、趣味といって少なからず友人はいるはずです。

特に独身であればあるほど、仕事や趣味に時間を費やしてきたので、友達が多い傾向にあります。

50を超えて、結婚の話をするのは気が引けるかもしれません。

しかし、40代、50代でも結婚・再婚は口にして言わないだけで、望む人が多いのです。

もし友人の交友関係が広い場合は、口に出して「結婚したい50代」をアピールしてみてください。
どなたか紹介を受ける可能性があります。

結婚相談所

まず、最大のメリットとして、結婚相談所は費用がそこそこ高いので、軽い気持ちで登録する人がいません。

男女共に、良い相手がいればすぐにでも結婚したいと考えています。

50代ともなれば、この先の人生を考えると、結婚の意識が低い人に振り回され時間を費やすことがとっても損です。

結婚相談所は、1日でも早く素敵な異性と出会い、結婚まで進めたいと願う人ばかりです。

このスピード感は50代にはとても良いメリットです。

出会えないことがない

結婚相談所のメリットとして、相当条件を厳しくしない限り、異性を紹介してもらうことができます。

特に成婚料を請求する結婚相談所は、結婚までしっかりとフォローしてくれます。

もちろんお相手の意思もあるので、付き合うのか付き合わないのかはお互い次第ですけど、お見合いのセッティングはしてくれます。

身元が分かる

結婚相談所は、入会する時に年収・家族構成・独身証明書などの提出が必須で、第3者からみて、登録している人が何者かわかる仕組みにしています。

相手の身元の裏どりをするわけで、その分安心感があります。

手厚く、前向きにサポート

結婚相談所には、サポートを専門にするアドバイザーがいます。

異性の紹介や仲介だけでなく、アドバイスなどもしてくれます。
例えば、身だしなみを気にしていないような方にも、異性に好まれる服装など的確にアドバイスしてくれます。

また、結婚相談所のマッチングの経験から、「こういう人が合っていると思います」といった、客観的に見た意見や提案もしてくれます。
自分の中では選択肢になかった異性の提案が、可能性を広げ、結婚につながることもあります。

その他、50代特有の家庭環境や経験も考慮して、異性に引き合わせてくれます。
例えば、離婚歴がある、シングルで子育てしている、親の介護をしている人などなど。

こういった環境を一緒に乗り越えられる、または乗り越えようと考えている人がたくさんいるので、結婚相談所では多くのアドバイザーが、それぞれの悩みなどを考慮し、結婚までの後押しをしてくれます。

しかしデメリットもあります。

費用が高い

アドバイザーが異性を紹介して、望めばお見合いまでセッティングしてくれるので、とても高いです。
交際中も費用がかかり、結婚すれば成婚料金も発生します。

また、結婚はあくまでも異性があっての話なので「結婚する人」に出会える保証もありません。

それなりの費用がかかります。

出会いの数は少ない

婚活パーティーに比べると、出会いは少ないです。

ただ、紹介される異性は結婚を意識していることが前提なので、話が合えば、結婚までのスピードは速いです。

婚活パーティー

お見合い形式のパーティー、婚活パーティーを、若い人のものだと考えている人も多いかもしれません。
しかし、今では、50代以上の方だけが集まる形式の開催も多くなってきています。

普段とは違う出会い

婚活パーティーの特徴として、わざわざ出かけることで、気分が変わります。

また、会場に入るまで、どのような異性が参加しているのかすらわかりません。
普段とは違う刺激が受けられるというわけです。

さらに異性だけでなく、同年代のファッションや婚活している方を見ることで、自分もより前向きになれるはずです。
あまり異性を意識してファッションを学んでいないようであれば、この場で髪型、しぐさや振る舞い方を見て勉強にもなります。

多くの異性との出会いがある

婚活パーティーの魅力は、その場に「結婚したい」と思う異性が大勢集まり、強制的に出会えることです。

50代ともなれば、新しい出会いの数はほとんどないかもしれません。
でも、婚活パーティーでは多い場合10名くらいの異性と接点がもてるのです。

価格がわかりやすい

結婚相談所では、いろいろ料金設定があり複雑です。

実際結婚までにいくらかかるのか、わかりにくいです。

その点婚活パーティーでは、参加したいパーティーの参加料のみ支払えばOKです。
とても明瞭な会計なので気軽に参加ができます。

会うことが最優先

結婚相談所や婚活サイトでは、年齢が高いだけである程度不利がでてきます。

しかし、年代がはじめから上の方の婚活パーティーであれば、まず「会うこと」ができて、見た目や雰囲気、性格などで相手に判断してもらえます。
人となりに、自信がある方は婚活パーティーの方が有利に進められます。

効率は悪い

婚活パーティーのデメリットとしては、実際に「会う」ことからすべてが始まります。

どのような人が参加するのかはわかりませんし、異性に対しいろいろと条件がある方は、あまりお勧めができません。

結婚紹介所などは、1人の異性と出会うまでに、いろいろと前情報をもらうことができて選別したり、されたりします。
たとえ、自分が相手を気に入っても、相手自分の条件を好まなければ、会うこともできません。
それは逆もありますよね。

その代わり「会う」ことになれば、すでに情報を交換しているので、打ち解ける確立はとても高いです。

婚活パーティーはであったあとに人となりをしるので、効率が悪いです。

好みのタイプがいるかは不明

多くの異性と出会えるといっても、必ず好み、条件に合っている人が参加しているというわけではありません。

まったくお話が合わないこともあるかもしれません。

人見知りの方はツライ

婚活パーティーは、スタッフも相手も「全員知らない人」という状況です。

これが苦手な人や苦痛でしかない人もいるかもしれません。
内向的な方は向きません。

詐欺師とまではいわないけど、異性に慣れていないという人は、婚活パーティーでだまされる可能性もないわけではないです。
人になれない方にはツライだけなので、婚活パーティーは避けたほうがよいです。

50代という熟年の婚活者にとって、婚活パーティーはとてもリーズナブルで出会うことができるサービスなのは間違いありません。

しかし人見知りの方、慣れていない方には、婚活パーティーよりも、アドバイスからセッティングまですべてをお膳立てしてくれる結婚相談所に入会するほうが近道です。

自分の性格、状況に合った婚活サービスを選ぶことが重要です。

バスツアー

婚活パーティーのバス旅行バージョンというイメージです。

ベースになっているサービスはほぼ同じで、バス旅行もついていてイベント化しているということです。

長い時間一緒

婚活バスツアーのメリットは、なんといっても、長時間異性とお話ができます。
婚活パーティーだと数分単位で相手が変わるのでなかなか話が深くなりません。

しかしバスでは移動中に隣の異性とじっくりお話をができます。
また一緒にアクティビティをすることで、相手のしぐさや振る舞いを自然に見ることができます。

自分に合った相手を見極めやすいという点があります。

深い話になる

長時間話すので、おのずと参加した理由や、今の家族構成、仕事の内容などなど会話することがあります。

初婚で参加している人もいれば、再婚の場合、別離の理由までももしかすると話がでるかもしれません。

もちろん、周りの目もあるので、すべて正直に話すわけではないと思います。
徐々に打ち解けやすい雰囲気になってきます。

婚活バスツアーのポイントとしては、共通の話題が作れることが重要になってきます。

途中で帰ることができない

最大のデメリットは、長いけど途中離脱ができません。

バス移動は原則隣は異性なのですが、話の合わない人、苦手なタイプの人がつくこともあります。
それでも、大人として長時間バスに揺られる必要があります。

何度か席替えしたりカップリングを変える状況も作ってくれますが、うまくいかないこともあります。

バスの帰り道は「睡魔」も襲ってくるので、つらい時間をすごすかもしれません。

婚活バスツアーに限らないのでしょうが、参加者次第ともいえる環境です。

過度な期待はせず、黄色いはとバスツアーと思い、出会いがあればラッキーという感じでしょうか。

婚活サイト

パソコンひとつあれば、自宅にいながらいつでも婚活ができます。
いえいえ今はスマホだけでもOKです。

もし、パソコンやインターネットを活用できるなら婚活サイトで相手を探すのも一つの手です。

ネットで出会いを探すとなると・・・イメージが悪い感じもする人が多いですが、婚活サイトは出会い系と異なります。
運営側では、個人の特定を正しく行い、怪しい人が入れない仕組みになっています。

定額で安価

結婚相談所に比べ、定額で安価にサービスを受けることができます。

住まい、年齢、さまざまな条件をいれて、異性を探し、アプローチします。
その後何度かメッセージをやり取りして、実際に会う約束をしてデートを重ねるという流れです。

結婚相談所は異性を探して、初めての出会いの場までセッティングしてくれます。
その分高いのですが、婚活サイトはあくまでも出会いのきっかけを作ります。

条件選択で効率がいい

パーティーやバスツアーに比べ、事前に相手を探せるので効率よく出会うことができます。
はじめから「趣味が合わない」人と接することもありません。

その点とても効率がよいです。

年齢的な不利もある

反面、選ばれる側として自分を見たとき50代ということは、年齢という条件で不利です。
婚活サイトに登録する前に、自分の年代が近い人が多いことを確認して登録をしましょう。

間違って、20.30代が盛り上がっている婚活サイトでは、相手にもされない可能性もあります。

タイプにあったお勧めの婚活

ここまではさまざまな婚活サービスについて紹介してきました。

晩婚化が進み、サービスの多様化などで多岐にわたります。

自分に合わない婚活サービスに参加してしまうと、うまくいかないだけでなく落ち込むこともあります。
自身をなくし「婚活に疲れてしまった」という方も出てきます。

しかし、自分にあった婚活サービスを選ぶことができれば、婚活はとても楽しいものになるはずです。

そこで、50代に向けた婚活サービスを大きく3つに分けて紹介します。

  • パーティー、イベントサービス
  • 婚活サイト
  • 結婚相談所

パーティー、イベントサービス

50代や中高年、シニアといった年齢制限を設けたパーティーが盛んに行われています。
参加者も「結婚」を意識した出会いを探していることと、料金もわかりやすいです。

手軽に参加できるし、同年代の同性が参加しているので、ファッションや髪型のお手本を探すこともできます。

向かない人は「初対面の方と話すことが苦手な人」です。

オトコン

年齢別などさまざま小規模イベントが多い婚活パーティーの大手です。
需要があがっている50代や再婚希望者のイベントもいち早く取り入れています。

エクシオ



婚活パーティーのさきがけ的な会社で、規模も全国津々浦々。
50代、さらには60代のイベントも全国で行っています。

イベントの詳細検索もできて「40代中心」「50代中心」など年齢わけで探すのも簡単です。

婚活サイト

ネットで気軽にはじめることができる婚活サイトです。
数ある中でも40.50代の層が多いサイトを紹介します。

ユーブライド



会員数は100万人以上というとても大きな婚活サイトです。
さらに男性40代以上は半数近くいます。

ミクシーのサービスだけあって、ネットを熟知した構成になっているし、大手だけあって、常に新規会員が登録しています。

会員数 100万人以上
男女比 男 6:4 女
月額 2320円~

有料会員になる際に、免許書などを求められます。
真剣に結婚を考え動いている人はみな有料会員です。

ブライダルネット

男女同額の月額3,000円で有料会員となります。
本人確認も厳しく行い、不正がおきないよう厳しく監視もされています。

写真の閲覧も優良会員のみで、さらに写真の規定も厳しく定められています。
あってみて「違った」という心配もありません。

また日記やコミュニティのサービスがあり、会う前にも人となりがわかるようになっています。

結婚相談所

結婚までのサポートがしっかり整っているのも特徴です。
その分価格は高くなりますが、出会えないことがありません。

シニアの結婚に特化している結婚相談所もあります。
ほかのサービスに比べ費用は高いけど、丁寧なサポートで結婚へ導いてくれます。

茜会

35歳からの結婚相談所といえば茜会。
パーティーやイベントも多く、50代でも十分に楽しめる試みが多いのも特徴です。

もちろん個別紹介も行っているので、50代の結婚を考える場合検討の1つにしてみてください。

楽天オーネット スーペリア

楽天オーネットの中高年専門のサービスです。
もともとあった結婚サービスの「オーネット」とネットサービスの「楽天市場」が組んだ婚活サービス。

ウォーキングやバーベキューなど開放的なイベントもあるし、紹介もあります。
結婚相談所と婚活サイトの中間的な存在で、会員数が比較的多く、共通点を探しやすいのが特徴です。

最後に

50代からの婚活は難しい!

そう思っている人が多いかもしれません。
でもまずは、気軽に友達作り、趣味の仲間を探す程度で始めてはいかがでしょうか。

バス旅行が好きなら、バスツアーに参加
趣味の仲間を探すなら、婚活サイトで探すなど。

インターネット上でもいいので、人が集まる場に参加することが大切です。

周りに人がいることで、人生は楽しくなるし、楽しんでいる人は魅力的に写ります。

もしかすると、20代30代のように、激しい恋愛から結婚という流れではないかもしれません。
でも、50代からの落ち着いた婚活をあきらめずに楽しむことで、先がつながります。