結婚相談所など婚活で有効な自己PR&プロフィールの書き方&テンプレート集

結婚相談所や婚活サイト、婚活パーティーでは必ず自己PRの場があります。

結婚相談所や婚活サイトでは、自己紹介・プロフィールの欄が設けられ自由に記載ができます。
婚活パーティーでも異性に渡す簡易プロフィールを記載しておく必要があり、自己PR&プロフィールはとても重要なポイントになっています。

そんな自己PRで、ありきたりな内容を書いていませんか?

自分自身もそうですけど、婚活をする時はまずは数多くの異性のプロフィールを見て、第一段目の印象を判断します。

婚活パーティーは、参加している人が回るので、まだいいのですけど、結婚相談所や婚活サイトでは書き方次第で、
興味を持ってより自身を知ってもらえるチャンスでもあるし、興味を一切持たれないで以後はスルーされることもあります。

ネットを使う場合はとても大きくスタートが変わってきてしまいます。

それは、数多くのライバルから「印象に残る自己PR」を書かなければ、
どれだけ魅力的な人であっても、その良さにたどり着かない可能性があるのです。

もちろんその後のやり取りで、相性や価値観など違いは出てしまい、うまく進まないこともあるでしょう。
でも、自己PRができていなければ、そのやり取りすらできずにチャンスを逃してしまうのです。

残念なプロフィールとして よくあるケースが

内容が埋まっていない
一般的な内容でしかない

これでは、顔写真や定番の「スペック」でしか判断ができません。

自己PRの書き方とは

そこで、ここでは選ばれる自己PR&プロフィールの書き方を紹介します。

項目は全て埋める

婚活サイトや結婚相談所の自己PR&プロフィールはとても細かい項目が用意されています。
ちなみに、出会い系もそうですし、マッチングアプリ(恋活サイト)なんかも同じです。

全部埋めるのに1時間はかかります。

ただ、この自己PR&プロフィールは一度書いてしまえば、後はそれほど時間をかけることはありません。

多少細かい表現や、誤字脱字などの修正はすると思いますけど、自己PR&プロフィールがガラリと変わることはないです。

ある程度、完成度の高い自己PR&プロフィールを完成させれば、相手からのアプローチの確率も大きく上がります。

想像してもらえればわかると思いますけど、
「プロフィールがほぼ空白の人」だとどう思いますか?

それは「何を聞いていいのかわからない」のです。

もちろん聞けば答えてくれるのでしょうけど、その後の話題の発展がないのでとても気を使い声をかけにくいのです。

もともと知らないもの同士が交流している場で、お互いを知ろうとしているので、
自己PR&プロフィールが空白だと、何を質問していいのかわからないんですよね。

例えば、住んでいるところ「東京」とあれば

・23区以内ですか?
・職場はどのあたりですか?
・休日はどこに遊びに行くんですか?

みたいに「場所」に関する話題でお互いを知ることができます。

でも、住んでいる場所が空白だと「聞いちゃいけない」と思い、結局その人はスルーしてしまうわけです。

自由文もしっかり書く

次に大切なところは、一般的な自由文は書かないことです。

サービスによっては定型文が用意されているところもあります。
空白だったり定型文だと、印象に残りませんよね。

とわいえ別に特別なことを書く必要はありません。
自分の人となりを、より砕いて書けばいいのです。

例えば「スポーツ観戦」よりも「サッカー観戦」「野球観戦」がいいですし、さらに推しているチーム名があるとよりよいです。
また、テレビやCSなどで見るのか、スタジアムに行くのか、観戦方法も書いてあるといいですよね。

より具体的に趣味の楽しみ方を書くと伝わりやすいです。

ここで、わざわざ人に好かれようと、無理をする必要はありません。
普段の自分を表現するだけです。

クドイ文は避ける

自己PR&プロフィールはあまり長すぎるのもよく無いです。

たまに、詳しく書こうとして、同じような内容が繰り返されている方もいます。

もちろん短すぎるのも寂しいけど、とにかく長いだけの文章もNGです。

文章の構成は

挨拶
簡単な経歴
趣味
締め

という感じで見出しを作って書けばよいです。

無駄に長いと、読む気をなくしてしまうので注意が必要です。

希望条件は書かない

これもNGなんですけど、婚活でよく見かけます。

最初から「年収1000万の人探してます」みたいに条件を提示しちゃうタイプです。
まあ・・・年収1000万希望はわかりますし、希望することは別にいいです。

問題はいきなり条件を出すことで、入口を狭めてしまうわけです。

どうしても条件で絞り込みたい人にとっては、良いのですが、最初から条件で狭めると、一切反応がない場合もあります。
始めは条件を書かず、多くの人からアプローチを獲得していくことをお勧めします。

アプローチが多くなり、対応しきれない場合は「条件」を出して、狭めるのがおすすめです。

すべてを書く必要もない

書いてしまってマイナスなのは、いわゆる短所です。

例えば、自分の良い面も悪い面も知ってもらおうと、長所や短所を具体的に書くことがあります。
ネガティブな内容を書いてしまうのは悪いことではないけど、うまく文面を整えないと「ネガティブ」な内容が際立ってしまうことがあります。

謙虚と映るのか、暗い人と映るのかは紙一重です。
ネガティブな内容をうまく処理できない場合は、その内容を「書かない」ことも必要です。

具体的に書いたほうが良いですが、悪い面もすべてを書きすぎてしまう必要はありません。

誰もが、良い面と悪い面を持ち合わせています。
自己PRでは、わざわざ自分の弱みや悪い点を書くことはありません。

良い所だけを書いて、まずは好印象を持ってもらうことを狙いましょう。

最後に感謝の気持ちを述べる

最初は挨拶、最後に感謝の気持ちを述べるプロフィールも良いです。

沢山の人が登録しているので、基本的に1つずつプロフィールを読んでいる暇はありません。
ざーっと流し読みをしたり、気になる人をかるくピックアップして、読んでいる感じです。

プロフィールの出だしが「私は~です。」といった内容ではあまり印象に残りません。

「私は○○といいます、住まいは●●で、仕事は●をしています」

はありきたりです。

それよりも1文だけでも

「こんにちは、私は○○といいます、住まいは●●で、仕事は●をしています」
と入れるといいですし

さらに「数多くの中から選んでいただきまして」というような相手に配慮する文章から入ったほうが良いです。
これだけで印象がずいぶん違います。

また、文章の最後には「最後まで読んでいただきありがとうございました。」という、感謝の気持ちを記すことが良いです。

定型のありきたりな文面かもしれませんが、人柄の良い人だと思ってもらえます。

最後に!プロフィールは重要

最後に、繰り返しとなりますが、婚活ではプロフィールはとても重要です。

特に、パソコンで自由にプロフィールを閲覧することができる、一部の結婚相談所やその機能がメインの婚活サイトでは、この出来栄えが勝負を決めることもあります。

会員数がいるということは、その分ライバルの同性もいるわけです。
そんな婚活サービスの中で、プロフィールだけを見て相手を選ぶので、少しでも目に留まる記載が必要です。

写真は少しでも写りを良くしたほうが良いですし、プロフィールも少しでも良く書くことが必要です。

まず一度書いてみて、少しずつ文面を足していったり、改善を続け自己PRを作ることができるようにしましょう。