Read Article

すぐにできる!婚活のやり方、始め方

婚活のやり方

夫婦になる年齢が上昇している今の時代、意外にも20才を越えたくらいの人でも意識的に婚活をしている人が増加傾向にあります。加えて婚活のサービスもさまざまなのジャンルで増えてきました。

しかし、恋人は欲しいしいつかは結婚したいと思っていたとしても婚活に踏み込めない人が多いのも現実の姿なんです。

どういったところを選ぶのか悩んでしまう

今では書籍を見ても、インターネットで検索しても婚活の手法は何種類も登場します。
自分の周りから見てもあの手この手で婚活をしている人も多いでしょう。

かえって、あまりに情報が過多になると1つに絞ることは面倒なものです。

また悪い評判ばかり目にし、費用が必要になるものや危うい目にあったような話を聞けばさらに一歩を出す気持ちが失せてしまいます。

でも、サービスが多いということはそれだけ「婚活」している人が多いということです。

平成22年国勢調査では、男性の未婚率が高く、31歳でやっと半数が結婚しているというレベル。

女性の半数が結婚するのが29歳ですから、それだけ出会いも少なくなってきているのでしょう。

このサイトではサービスを詳細に分析し、メリット・デメリットを含め紹介しています。

まずは行動しよう

婚活で何処からスタートするか迷って動くことができないという人への助言は、小さい事でも良いのでまずは動いてみることです。

サービスを比較することだけでもいいですよね。
 
婚活にも合うか合わないかが伴い、例えば非常に多くの人に会うことが向いている人もいれば、最初から相手のプロフィールを絞って合った方がいい人もいます。
 
自分にとってどのようなサービスがあっているのかを見定められるためにも実際に行動に移してみましょう。

人と出会うことから始まる

婚活はどこかで「異性に会う」ことになります。

すでに・・・服装が・・・髪型が・・・体系が・・・・みたいにネガティブに考える人もいますよね。

多くの人が同じ用に何かしらコンプレックスというか、小さな悩みを抱えているんです。

お相手の方も、おそらく婚活のためにオシャレを学んだり、自分磨きをしたりしているんです。

そうやって相手を考え、思いやることも実は婚活の成功の道。

人に会わなければ婚活ではありません。準備の段階も楽しいものです。 
思い切り出会いの場に足を向けてみましょう。これから具体的に異性に出会う方法を紹介していきます。

婚活のはじめ方4つのステップはこれ

ステップ1 婚活の種類を選ぶ
ステップ2 どのサービスを使うか選ぶ
ステップ3 サービスの上手な活用方法を知る
ステップ4 やってみる

特にポイントになるのが、サービスの種類です。
実は大きく6つの分類に分けることができます。

ステップ1 婚活の種類を選ぶ

選ぶ第一歩は、選択肢を把握することです。

さまざまなサービスがあり、大変迷うところです。

婚活の種類、6つの選択肢

婚活の種類の6つの選択肢を紹介します。

  1. 結婚相談所
  2. 婚活パーティー
  3. マッチングアプリ
  4. 出会い系サイト
  5. 合コンサイト
  6. 街コンサイト

大きく分けてこの6種になります。

それぞれで、参加している人の特徴も、実際の出会いの現場の雰囲気も、そして手続きの順番も、価格も異なります。

正直、どれがいいかというような「ランキング付け」はできません。

合う合わないか、自分にピッタリのサービスを探すことが婚活成功へのポイントです。
ここでは、ざっくり、それぞれの特徴を紹介します。

結婚相談所の概要

断然、真剣度も成婚率も高いサービスです。

そして価格も高いです。

結婚を具体的に考えたい人ならば結婚相談所を候補にいれておくのも良いと思われます。
 
近年20代の男女の登録数が増えています。

ネットの普及も要因ですけど、30代になって急いで登録するより気持ちに余裕を持ち会えるので成功もしやすいです。
 
そのほか特徴としては写真もしっかりと撮ってくれるところもありマッチングもしやすいです。
 
担当者と相談したり、サポートされながら婚活を進められるのも頼もしいですね。登録時に担当者にしっかり理想を伝えておきましょう。

真面目な登録者が多い

さまざまなサービスの出中で、結婚相談所のジャンルは、相手の身元が確認されていることです。
つまりはちゃんと未婚の方とマッチングができます。
 
マッチングアプリでは、既婚者も偽装しようと思えば余裕で独身と偽れます。

街コン、合コンも本人確認がゆるいサービスもあって、後から大切な事実を知るということも少なくありません。

結婚相談所に登録するには、本人が公的な書類で独身を証明しています。
 
ですので結婚相談所で既婚者を紹介されることはまずないです。

出会いまでセッティングしてもらえる

仕事が慌ただしい社会人にとって勤務の合間をとって出会いまでの細かなやり取りをするのは面倒なこともあります。

まだ会ったこともない相手にプロフィールを見ながらメッセージのやり取りするのは予想以上に気を遣います。

その点、結婚相談所では、細かなやり取りを行ってくれるので楽です。もし交際が始まってからも付き合い方を相談できます。

サービスとしては、希望を伝え、候補を挙げセッティングまでしてくれる、出会いまでを完全にコーディネートしてくれるとても効率が良のです。

もちろん、お付き合いすることが目標なので、これまでの経験から相性の良い方が紹介されます。

会員数は重要ではない

結婚相談所を選択するとなると無意識に「会員数」が多い大規模の結婚相談所をチョイスたくなります。しかし、実際のところ会員の数にはいまいち意味がないのです。
 
なぜかというと結婚相談所は殆んどどこかの連盟に所属しているんです。

同じ連盟の結婚相談所同士で会員を融通するので、規模の小さい結婚相談所だとしてもよその結婚相談所の会員とマッチングしてもらえます。
 
結婚相談所の運営歴や強みを見ながら選出すると良いでしょう。
 
結婚相談所では大抵、初回は利用料なしにて話を聞いてくれます。

インターネット結婚相談所

今ではウェブを使った結婚相談所もあります。
マッチングアプリと結婚相談所の間のような存在です。
 
ウェブを介した出会いですが、独身証明などをされているのでマッチングアプリよりも比較的安全に会うことができます。
その分、マッチングアプリに比べて登録料が値段の張る事が多いので、本気になって結婚相手を探している人が多いのもメリットなのかもしれません。

高額な料金には注意が必要

安全に婚活ができる結婚相談所ですが、その分料金も高額になります。
 
サービスによっては、登録だけでも10万単位で請求される相談所も多いです。
さらに月額のサービス料や、もし順調に交際が進めば、さらに費用もかかります。

もちろん、結果として確実に結婚できるわけでもありません。
金銭面のリスクは最も高いです。

婚活パーティーや街コン、合コンサイト

もっとも手軽にはじめられる王道のサービスです。

状況によって、真剣な婚活の場から、イベント系まで、選択肢の幅も広いのが特徴です。
特に、数年前から出会いの場として評判になっているのが街コン。行ったことなくてもニュースなどで耳にしたことがある人は多いでしょう。
 
そして、それよりも前からあるのが「婚活パーティー」です。
合同お見合いのようなものから、比較的カジュアルなものまであるので、若くても気軽に出席して楽しめます。
 

大勢の人と会える

パーティーや街コン・合コンの最も大きなメリットは一回で様々な異性と出会うことの出来ると言う点です。
 
ほとんどのパーティーでは10人以上の異性がいる規模で行います。

それだけ出会いがあるので、恋が生まれる割合も期待できます。
また、最近ではより飽きさせないようにイベントもあり、趣味に特化したイベントなども多くなってきています。

異性と話すのが不得手という人でも心配のないイベントもあります。
 

食事も楽しむ

パーティーやイベントは飲食店で行われる事が多いです。
出会いの他に美味いお酒や食べ物が準備されているのは嬉しいですね。
 
最悪・・・・その日のイベントでいい出会いがなくても美味しいご飯が口にできると思えば気持ちも楽になります。(気休めですけどね)

実は、料理を食べながら話すと、お互い好印象になることが多いものです。

雰囲気・美味しい料理を食べた時の記憶が、その時一緒にいた相手と頭に残る傾向が高いのです。

食事をしながら異性と会うのは実はとても良いことなんです。

婚活サイト(マッチングアプリ)や出会い系

以前から、出会い系サイトやアプリがあります。おそらくネットで恋愛をするには、もっとも手軽に利用できるのが出会い系サイト。

さらに最近では「マッチングアプリ」というサービスジャンルが急激に増えてきました。
 
最初から異性にお会いするわけではないので、スタートする心理的ハードルは低いです。
実際に会う時もある程度相手のことを知ってから会えるので話がしやすいというメリットもあります。

真面目な出会いを期待できる

ニュースを見れば「出会い系サイト」は妖しいなーという心証を受けてしまうのは仕方がありません。
言うまでもなく初めから肉体関係を求めて活用している人は男性にも女性にもいます。

しかし「マッチングアプリ」「婚活サイト」が急増しているのは、インターネットを使って、真面目な出会いを求めている男女が大勢いるからなのです。
 
優良なサービスを選んで、使っていけば男女とも良い出会いが待っていることも期待できます。

女性はどちらかというとサービスがいい

出会い系だけでなく、多くのサービスの魅力として、女性は無料で利用できたり、男性よりも料金が安く設定されていることが多いです。
 
その点女性の婚活は、ネットを使うと有利に進めることができるのです。

また男性が有料なので「お金を払ってでもしっかり出会いたい」という本気の人がいるわけです。

女性にしてみれば、まずは無料や低価格のサービスを利用して、自分にあったサービスなのかを確認し、そのままうまくいけばラッキーです。もしダメであっても婚活の経験を積めるので、次回以降改善したり次のステップに踏めるのでお得ですね。

プロフィールはできるだけ埋める

マッチングサイトや婚活サイトでは自分のプロフィールを書くスペースが存在します。
 
サービス次第で書きこむ項目は異なりますが、空白を減らし内容を多く書き込むことが重要です。
 
真剣な人ほど、詳しく知りたいと思うものです。
例えは悪いけど、自分を商品としてアピールすべきプロフィールを書くわけです。

めんどくさがらずに書きましょう。

実際に会うまでは少し時間が必要

マッチングアプリのデメリットとして、実際に会うまでに時間がかかります。

結婚相談所と大きく違うのは、自分でアプローチをしてということです。
話題のフリから、合う日の調整まで、ほとんど自分で行う必要があります。

もちろんお互いが意気投合し、予定が合えばすぐにでも出会うことはできます。
しかし、いきなり2人きりで会うわけで、心を許すには時間がかかる人もいます。

まあ、逆に言えば徹底的に相手を見極めてから会うことになるので、闇雲に異性に会うわけでもありません。

カラダ目的の男女は、どちらかというと時間をかけずに進めたいので、時間をかけることはその防衛にもなります。
 

大きく6つの分類に分けましたが、実際にはそれぞれ、被るような分野もあります。
自分にとって最もあっていると思うサービスを選ぶことが大切です。

ステップ2 どの会社(サービス)を使うのか

「結婚相談所」なのか、「婚活パーティー」なのか…、婚活の方向性を決めたら、次はより深く、会社(サービス)の選択をします。それぞれの数多くの会社が、幾つものサービスを提供しています。
同じ「マッチングアプリ」でもサービスによって内容も、雰囲気も全く違います。

エン婚活、ブライダルネットは清楚な大人が本気で結婚を考えて登録する人が多いのに対し、「東カレデート」や「dino」などはまずは一緒に遊んでから恋をはじめようという感じの人が多い。
大手リクルートは ゼクシィ縁結び、ゼクシィ恋結び、マッチブックと同じ会社でもサービスが複数あるんです。

このサイトでは、どちらかというと「本気」で婚活する人を中心に紹介しています。
「東カレデート」や「dino」のようにどちらかというと、もう少し恋を楽しみたい人には向かないサイトかもしれません。

では「結婚相談所」にも、「婚活サイト」にもにも、いろいろサービスがある。ざっくり、見てみましょう。

結婚相談所の選択肢

オーネット、サンマリエ、ツヴァイ、パートナーエージェント、IBJメンバーズ、ゼクシィ縁結びカウンター、クラブオーツ―、エクセレンス青山、ノッツェ、フィオーレ…など

婚活パーティーの選択肢

PARTYPARTY、エクシオ、シャンクレール、ホワイトキー、マイナビ婚活、恋工房パーティー、アイリス婚活カフェ、youbrideパーティー、OTOKON(オトコン)、アクー、クラブキスティー…など

婚活サイトの選択肢

ブライダルネット、ユーブライド、ゼクシィ縁結び、マッチ・ドットコム、Yahooお見合い、エキサイト恋愛結婚、エンジェル…など

マッチングアプリの選択肢

DMM恋活、お見合い、ペアーズ、マリソメ、プロローグ、タップル誕生、アイル、Zoosk、お昼デート…など

合コンサイトの選択肢

パーティータイム、Rush、コンパde恋プラン、コンパルじゅ、ステラ、いつコン!!、コンフェスタ、ステラスチューデント…など

街コンの選択肢

街コンジャパン、自治体や地域主催のものもある

この中から自分にあった種類の婚活をするかをまずは選ぶ。
その選んだ種類に関してだけ、しっかり調べればいいんです。

ステップ3 サービスの活用を確認

ちゃんとしたサービスを受益するためには、程度の差はあっても費用がかかります。

そのほか「時間」も費やすことになります。

婚活について、「お金」と「時間」はとても大切です。
本気の人ほど、「時間」が大切なのは言うまでもありません、ムダに時間をかけてお試しをすることはもったいないです。

ですからよりスムーズに婚活を進めるためこのサイトでは、各サービスの特徴や活用方法を紹介していきます。

ステップ4 やってみる

婚活で重要なことは「やる!」ことです。
恋愛に正解も不正解もありません。

気持ちをぶつけること、伝えることが重要なんです。
そして、婚活において「時間」が最も大切です。

たった1歳の年齢の違いが、婚活の進み方を変えると思ってください。

もし、何かに迷ったら、直感で動いてみることもお勧めします。

婚活サービスの選択肢はとても多くあります。
同様に、婚活を進めていくと、多くの選択肢がでてきます。

迷っていてはいけません、直感で動いてください。
うまくいかなければ、他の方法を試してください。

マッチングアプリで進めると簡単に候補が数十人出てきます。
でも、ライバルも同数いるわけで、待っていてはその数十人が一気にいなくなるわけです。

まずは、1日でも早く、やってみる。これをおすすめします。

行動こそ大事

婚活の方法にはサービスや会社によってメリット・デメリットがあります。
そしてこの方法だとすれば100パーセント達成できるといったものではありません。
 
行動しだす以前はなにかとデメリットばかりに目がいって、大切な一歩が踏み出せないものですが、まずはチャレンジすることが大切です。
 
これは異性に出会ってからも共通していることで、ついダメな部分が気になって付き合うに至らないという人もいます。ある程度のマイナスには目を瞑りながら進めていくのは恋活をしていく大切なことです。
 
まずは一歩を踏み出して素敵な異性を見つけましょう。

Return Top