Read Article

どれがいいの?「婚活サイト」「恋活サイト・マッチングアプリ」「出会い系」の違い。

スマホやパソコンを使って、効率よく異性と出会うことができるサービスに、「婚活サイト」「恋活サイト・マッチングアプリ」「出会い系」があります。

婚活を行うなら名前の通り「婚活サイト」が良いのですが、実際に機能を見ると「恋活サイト・マッチングアプリ」「出会い系」と変わりありません。

また最近、「恋活サイト・マッチングアプリ」の登録者数がぐんぐん伸びていて、会員数だけで見ればそちらのほうが効率よく異性に出会える感じもあります。

ここでは、「婚活サイト」「恋活サイト・マッチングアプリ」「出会い系」の異なるところを紹介します。

何か法的に、分類されているわけではないのですが、3つのサービスにはそれぞれ特徴があり、全く求めていない人が登録しても意味がありません。
なのでしっかりと違いを知って、自分が今どのような人との出会いを求めているのか、ぜひ参考にしてみてください。

各サービスの代表例

「婚活サイト」「恋活サイト・マッチングアプリ」「出会い系」といってもはっきりわからない人も多いと思うので以下のようにわかれます。

「婚活サイト」の代表例

  • ブライダルネット
  • ゼクシィ縁結び
  • youbride(ユーブライド)
  • PREMIUM MEMBERS
  • エキサイト婚活

「恋活サイト・マッチングアプリ」代表例

  • マッチ・ドットコム
  • ペアーズ
  • Omiai
  • with

「出会い系」の代表例

  • YYC(ワイワイシー)
  • PCMAX

などなど、沢山のサービスがあります。

それぞれの共通点

まずは、異なる点ではなく、共通点を紹介します。

  • 異性との出会いを目的にしてる
  • ネットを使ったサービスでスマホやパソコンから確認できる
  • 登録者を検索、アプローチ、メッセージのやりとりという流れ
  • 連絡先交換をして、デートする
  • 料金体系は女性が優遇

登録して、異性に合うまでの流れ、仕組みはほとんど変わりありません。

違いはこれから説明しますが、れぞれに、特徴がります。
自分が何を望んで、異性との出会いを希望数のかによって、選ぶべきサービスが異なってきあm酢。

それぞれの違い

料金体系

まず、金額面の違いを説明します。

料金で共通するのは、女性は費用負担が少ないです。

婚活サイトは、男女の差が少ないけど女性が優遇される傾向、
恋活サイトや出会い系は、女性が無料か激安設定されています。

そんな料金体系で、男性を比較するとわかりやすいのが「出会い系」です。

男性は、利用する分を前払いします。
前払いした分で、異性にメッセージを送ったりプロフィールを見るのに代金を支払う形式です。

1メッセージ 50円程度でやり取りができます。
使わなければ減らないし、前払いしなければ使えないので、利用もほとんどできません。

反対に「婚活サイト」「恋活サイト・マッチングアプリ」は月額固定料金が存在します。
相場として 月に3000円が目安で、先に数か月分を支払うのが一般的です。

この固定料金内で、ほとんどのサービスは使うことができ、よほどのことが無い限り追加料金を支払うことはないです。

別料金としては、パーティーなどの参加など、希望者だけのイベント。
また、どのサービスも異性へのアプローチ数を月間で制限をしていて、その数を増やす場合に料金がかかります。
固定料金だけでも充分出会いが見込めるので、追加代金を支払うことを前提としなくてもいいです。

とわいえ、「婚活サイト」「恋活サイト・マッチングアプリ」「出会い系」も、ヘビーユーザーになれば料金は高くなることは間違いありません。

結婚への意識が違う

料金体系から、ある程度登録する人が選別されます。
さらに、結婚への意識が全く異なります。

真剣な順を表すと

「婚活サイト」>「恋活サイト」>>「出会い系」

婚活サイトは、出会った人と「結婚前提」でお付き合いしたい人
恋活サイトは、お付き合いして、もしよければ結婚を考えてもいいかなという人
出会い系は、結婚?何?という人

というイメージです。

恋活サイトが一番曖昧な位置づけになります。

その他の特徴

恋活サイトはfacebook連携が必須

恋活サイトはfacebook連携が必要になっています。
なので、facebookで既婚となっていれば、登録ができません。
当然、年齢も嘘つけないですし、facebookの友達が10人以上いないと登録できません。

近年facebook自体の登録も本人確認が厳しくなってきているので、いわゆる架空の人物や、複数アカウントを持っている人はどんどん排除されています。
安心して登録できます。

もちろん、facebook内の友達に、恋活サイトを利用していることはばれない仕組みになっています。

出会い系にはアダルトコンテンツが存在する

「恋活サイト」「婚活サイト」にはありえないアダルト系の文言が多いのが特徴です。

登録者のプロフィールも少し●ッチを意識した内容でもOK。
もちろん、普通の出会いもあるのですが・・・恋活サイトに比べるとアダルト色が強い。
ストレートに「セフレ募集」と書いても許されるのが特徴です。

出会い系は禁止文言がゆるい。

出会い系は既婚者OK

3つのジャンルで唯一「既婚」でも登録できます。

運営が確認するのは、登録した携帯電話がちゃんと使われているか、免許書の本人確認程度。
それ以上の細かな本人確認はありません。

独身でも既婚者でも恋をしたい人が集まるのが特徴です。

それぞれの違いのまとめ

どのサイトも、使い方はほぼ同じで、出会うまでの流れも一緒です。

違うのは、登録者の層です。

婚活サイトは、結婚を真剣に考えている人が多い。
出会い系は、恋愛をしたい人が集まる。

恋活サイトができたので、中間層は一気に恋活サイトに流れた感じです。

近年は、結婚を真剣に考えている人は婚活サイトに集中し、アダルト色が強い出会いは出会い系に集中する傾向。

最後に

「婚活サイト」「恋活サイト」「出会い系」の違いは以上です。
一般的な利用を考えると、金銭面でそれほど費用負担に差があるわけではありません。

登録している層がしっかりと住み分けできているのが大きな違いです。

近年「恋活サイト」の登場で、結婚に対する意識が中間にある層をしっかりと取り込みました。
その分、「婚活サイト」「出会い系」はより登録者の意識がはっきりしています。

「出会い系」はアダルト色を強くして「遊びたい」「性的欲求を満たしたい!」という要望に応えようとしているのに対し、「婚活サイト」は「結婚」を目的として相手を探しのお手伝いをしています。

どれに登録するのかは、結婚までの意識を考えてみると、必要なサービスがおのずと出てきます。

Return Top