Read Article

マザコン男の6つの特徴はこれ、デートの際に見極めよう!

多くの女性が結婚したくないと思う、マザコン男。

良いマザコン=親孝行な男性は、結婚後も妻を大切にします。一方、悪いマザコン男と結婚すると苦労するという声も多いのが現実です。

良いマザコンと悪いマザコンの大きな違いは、自立性にあります。

今回はマザコン男の特徴と原因、直し方について調べました。

母に依存するマザコン男チェック

親孝行な男性と、マザコン男とは精神的な自立性に大きな違いがあります。
主にマザコン男を見極めるポイントが6つあります。

マザコンの可能性が高い男性 チェックリスト

  • 母親を「ママ」
  • 「ママ」の話題が多い
  • 優柔不断が多い
  • 「ママ」に報告・連絡・相談する
  • 「ママ」に買ってもらったものを使っている
  • 自立していない

以上6つのポイントがあり、もちろん当てはまるからマザコン確定というわけでもありません。
優柔不断な人特別珍しいわけでもありません。

やはり最も危険度が高いポイントは「ママ」と呼ぶ成人男性です。
「ママがね…」「これはママが買ってくれた」とか・・・たびたび話題に母親が登場し、その呼び名が「ママ」の場合は、マザコンの可能性が高いです。

さらに優柔不断でも特徴があり、これまでの人生の選択もママに依存しており、ママが決断を行ってきたことがある人は、優柔不断になりやすいです。
ホンノ些細なことでも決めれない場合があり、例えば「食事のメニュー」だったり、日程やデートの行程ですら決められないこともあります。

そして、その判断を「ママ」に連絡して、相談します。
困ったらすぐに「ママ」を頼る男性です。

精神的に自立できていないわけです。

最悪のケースは、ママに金銭面を依存していたり、家事が一切できないこともあります。

稀に・・・婚活でも、「ママ」が代理で婚活をするなど、過干渉している事例もあります。
当然、女性は避けますよね。

親孝行とマザコンの大きな違い

好意ある男性が、母親の話をしていても、なんとなく親孝行に思えることもあります。

親孝行とマザコンには大きな違いがあるので簡単に区別することもできます。

それは、マザコンは「ママ」にいろいろと決断を「してもらう」側です。
対して、親孝行の男性は母親に「してあげる」という側にいます。

母親にプレゼントする
旅行に連れて行ってあげる
家のことを手伝う

これが親孝行として

マザコンは

母親に買ってもらう
旅行に連れて行ってもらう
家のことを手伝ってもらう

という差です。

親孝行の男性は、基本的に自分で決めることができて、最低限家事もできる傾向。
母親に依存せずに自立した生活ができているのです。

見分ける1つの点としては

「お母さんははどんな人ですか?」と質問するといいです。

自立している男性は、客観的に「こんな人」という内容になります。
マザコンは、いろいろと「してもらった」話になります。

マザコン男は、ママと共依存している

もしもマザコン男性を愛してしまった場合はちょっと苦労すると思います。

というのはマザコンの男性は、ママに依存しています。
何かあるたびに「ママ」に連絡がいきます。

困るのは「ママ」のほうが、その関係を望んでいる傾向が強いのです。
「ママ」も息子に何かをしてあげることに生きがいを感じていて、結果的に息子の自立を促せないでいます。

ともにその関係に依存しているわけです。

もちろん、それが問題あると自覚していません。
マザコンの状態がお互い居心地がよいので、わざわざ関係を解消するきっかけがなかなか無いからです。

もしも結婚すれば、必ず「ママ」が干渉してくることは間違いありません。
結婚してもストレスになる可能性が高いです。

マザコンは直る?

マザコンは、生まれてから成人するまで時間をかけて形成した性格です。
母親がいる以上は、直すことにとても時間がかかります。

基本的に、マザコンと親孝行を見分け、マザコンは避けるべきと考えます。
ただ、母親が自立を促しているようなマザコンであれば、改善の可能性もあります。

まずは物理的に「ママ」との距離を取り、精神的に自立する事を促します。
また簡単なことでいいので、意思決定をさせる癖をつけることです。

マザコンは、自分に自信ががないので決断や責任を「ママ」に任せます。
ですから、その判断に対してわーわー文句も言わず従うことが必要です。

始めは任せられるモノから任せていき、その後、住まい、旅行など、人生がかかわるような大きめ決断を一緒にしていきます。
必ず「ママ」の存在を消して行うことです。

少しずつ慣れていきますよ。

最後に

マザコン男性はできるだか避けるべきであることは間違いありません。

その判断はデートなどで見極めたり、仲介に入る人に確認することで避けることも可能です。
本当に「好き」にならない限り、苦労のほうが多いです。

結婚相談所のサービスでは、もしもマザコン男性を紹介されても、仲介の方がうまく断ってくれたりします。
婚活サイトなどに比べ安心です。

Return Top